1. まとめトップ

【愛媛ローカルフード】大介うどんの知られざる魅力!【全国展開期待!】

愛媛県宇和島市を中心に展開している「大介うどん」。こちらの知られざる魅力をお伝えします!さぁ、あなたも大介うどんマスターになろう!!

更新日: 2014年08月01日

6 お気に入り 23280 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hirokysoundさん

大介うどんとは…

実は海外にも進出していた!?

ちょっと違うセルフサービスとは…

うどんやそばを好きなだけどんぶりに入れてOK。
そして、お好みでてんぷらなどを追加し、お会計!

ザルに入っている量は一般的な1人前の麺の量よりも少なめ。
ここは各自で好きな量を調整してみてくださいね♪

出典ameblo.jp

これだけ盛っても1000円でお釣りがくるというのは有難いですねー

なんでこんなことを始めたのか?

その発端は、当時ウエイトレスの採用が難しかったこともあり、何かいい策はないかと思っていたときにロサンゼルスの空港でビュッフェスタイルの店を見たことがきっかけだったようです。お客様がトレーに食べたいものをとってレジに並ぶのでウエイトレスを雇う必要がない。さらにお客様が好きなものを自分で選べる。これを大介うどんに取り入れられないかというところが始まりでした。

創業者の想いの詰まったセルフサービススタイル

大介うどんの一番の特徴である、麺を何玉いれても同料金システムは、育ち盛り働き盛りの人たちにおなかいっぱい食べてほしい、その思いをどうやってとりいれていくかそれが大介うどんのセルフサービスシステムの原点でした。

 大介うどんのもちもちっとした食感の麺とやさしい味わいのだしは、お子さんからお年寄りまで幅広く地元の方々に親しまれています。「お休みの日は大介うどんに行きたい」といってくださるお子さんがいたり、「学生の頃食べた思い出の味」といってくださる方がいたり、「そろそろ大介うどんが食べたくなった」といって来店してくださる方がいたり、子どもたちが育っていくなかで、またその土地土地で生活している人たちのなかで、心に残る味、懐かしい味、また食べに行きたくなる味としてたくさんの人々に愛されています。

宇和島近辺で今日も愛される「大介うどん」

今日は宇和の温泉行ってきたー\(^o^)/タダで入れたとゆー幸せ♡ありがとうございました!そっから大介うどん行って解散。正直安心できるけど、成長せな意味ないからね。 pic.twitter.com/R5KNPH0QVA

宇和島から10kmチャリこいで9時から練習して昼飯食わずに10kmチャリこいで海行って3時間泳いで20kmチャリこいで食べる大介うどんのうまさは計り知れない。 pic.twitter.com/VwP41o0g0K

1