1. まとめトップ

【ボクシング】一体誰が一番強いの??現役最強ボクサーTOP10

現在ボクシングにおける世界チャンピオンは乱立し、複数のチャンピオンがいるというよく分からない状況です。そういう場合は”パウンド・フォー・パウンド”を参考にしましょう!

更新日: 2016年01月23日

marumokimoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
86 お気に入り 2799980 view
お気に入り追加

現在ボクシングにおける現役世界チャンピオンはMAX68人存在している。(4団体17階級)

ボクシングには世界的なタイトル認定団体が4つあります

ボクシングは、体重によるハンディキャップをなくし、公正に試合を行うため、最軽量のミニマム級から最重量のヘビー級まで全17階級に分けられています

ここまで細分化されている

更に”暫定”王者や”休養”王者なるものまで存在するようになっている。

暫定王座とは
正規王者が負傷などで防衛戦を行えない場合に設置する措置

だが・・・

近年は状況かまわず暫定王座決定戦を乱発。興行に肩書がほしいプロモーターと承認料を稼ぎたいWBAの思惑が一致した形

一方休養王者は・・・

休養王者とは
世界王者が長期にわたって戦線を離脱し、休養王者として認定された場合に与えられる王座

また、真の強豪がベルトを無視して戦うようになってしまった。

世界タイトルを獲得することにこだわらなくなり、ビッグマッチを優先して各階級の最強の選手と戦うようになった

こんな状態では一体誰が一番強いのか分からな~い!!

そんな人の為に・・・

真の強さを判断する”パウンド・フォー・パウンド”と呼ばれるランキングが存在する

パウンドフォーパウンドの決定要因は階級での超越度や攻防兼備のバランスと打ち破った強豪の数、活躍期間の長さや歴史的インパクト等トータルで決定されます

2015.12.29現在のパウンド・フォー・パウンドランキングTOP10(リング誌)

10位 ティモシー・ブラッドリー

1983年8月29日生まれ アメリカ人
35戦 32勝 (12KO) 1敗 1分 1無効試合
スーパーライト級 - ウェルター級

一発のパワーは無いが、
砂嵐と呼ばれる程のスピード溢れる連打を持つ。
パッキャオ、マルケス両レジェンドから勝利を収めた。

9位 山中慎介

1982年10月11日生まれ 滋賀県出身
26戦 24勝 (17KO) 無敗 2分
バンダム級

日本のエースと言える存在。
モレノとの一戦で若干評価を落としてしまった感はあるが
今後の巻き返しに期待したい。

8位 サウル・アルバレス

1990年7月18日生まれ メキシコ人
48戦46勝(32KO)1敗1分
スーパーウェルター級 - ミドル級

次世代のスーパースター。
メイウェザーには完敗したが、十分な実力を持つ。
本当にゴロフキンとやるのか注目。

1 2 3