1. まとめトップ

山北キャンプ場の川で車横転!3人死亡事故【ウェルキャンプ西丹沢】

1日午後8時20分ごろ、神奈川県山北町中川のウェルキャンプ西丹沢で「人が川に流された」と119番通報があった。

更新日: 2018年04月26日

5 お気に入り 312266 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

syatohanさん

◎「ウェルキャンプ西丹沢」で親子3人流される

1日午後8時20分頃、神奈川県山北町中川のキャンプ場「ウェルキャンプ西丹沢」近くの河内川で、車ごと人が流されたと、119番があった。

◎川を渡った「アドベンチャーゾーン」でテント設営

4人は同日午前10時頃にキャンプ場を訪れ、川の浅瀬を車で渡って行くことができる右岸側にいた。夕方からの激しい雨で川が増水してきたため、案内所などがある左岸側のメインキャンプ場に戻ろうとしたところ、車ごと流されたという。

◎中州でキャンプをしていたのは大森さん一家のみ

左岸の一般のキャンプ区域には4、5台の車が止まっていたが、中州の四輪駆動車専用区域でキャンプしていたのは大森さん一家だけだった

◎増水してきたため左岸のメインキャンプ場へ避難中…

当時、強い雨が降っていて、川が増水してきたため、一家は川沿いでのキャンプを中止し、安全な対岸へ車で渡ろうとしたところ、車ごと横転したという。

◎車が横転…

父親が車の窓ガラスを割り、子どもたちを外に出して自らも岸まで泳いでたどり着いたが、母親と2人の子どもは行方が分からなくなったという。

「(当時)雨がすごくて横なぐりで、隣でも叫ばないと聞こえないくらいの激しさ。川にテールランプが見えて、左の後ろのタイヤしか見えなかった。そこまで水位が上がっていたということ」(通報した人)

◎母親と子ども2人の合わせて3人が流される

警察や消防の情報を総合しますと、流されたとみられるのは、大森凱風君(7)と、舞奈ちゃん(8)、そして、母親のルミさん(42)です。

◎父親は自力で脱出

父親は、自力で車外へ脱出し、午後9時半過ぎに救出されましたが、子ども2人と母親の行方はわかっていません。

大森さんは同署に対し、「車が2、3回回転し、車内に水が入ってきた。窓ガラスを割って子供2人を外に出し、自分も脱出した。妻の様子は分からなかった」と話している。同署によると、現場は川幅約10メートルで、当時の水深は約2メートルだった。

◎3遺体が発見される…

1日午後11時25分ごろ、現場から2キロほど下流の地点で、母親の大森ルミさん(42)を発見。死亡が確認された。2日午前4時45分ごろには、現場から3キロほど下流で小学2年の長男凱風(がいふう)君(7)の遺体が見つかり、同8時55分ごろには、現場から4・5キロほど下流の地点で長女で小学3年の舞奈さん(9)の遺体が見つかった。同署が3人の死因を調べている。

◎テントに残っていれば助かったかもしれない

あるキャンプ客は「無理して川を渡らず、テントに残っていれば助かったかもしれない。横転した車は、最初は後部のタイヤしか見えなかった」

家族とキャンプに来ていた男性会社員(45)は「キャンプサイトが広いと評判がよく、昨年からよく来ていた。現場のテントが流されていないのを見ると、結果的に避難しないほうがよかったのだろう。天候が変わると危ないので、中州でのキャンプは怖くてできない」と話す。

◎事故現場のアドベンチャーゾーン

テントを張っていたのはキャンプ場のメイン施設の対岸にある「4WD専用サイト」と呼ばれるエリア。

1 2 3