1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

sinsei21さん

その後撤回

弁護士の名義貸し?

稲田朋美「籠池氏の事件を受任し顧問弁護士だったということはない。裁判を行ったこともない」

大臣初仕事は「新型ミサイルを導入」

日本の核兵器保有について「憲法上、必要最小限度がどのような兵器であるかということに限定がない」8月5日

出典http://www.asahi.com/articles/ASJ855VLXJ85UTFK00K.html

天皇生前退位でにわかに皇室典範改正問題が取りざたされる中、女性宮家の創設には反対している稲田氏を大臣する意味は?

視力は1.5と2.0なのにメガネの福井をPRため着用している

内閣人事局が看板どおり「ヒトゴト?」にならなければいいがと物議!

書は政治家のたしなみですが、稲田さんには無縁のようですね。あの方の「日本の伝統と文化」の中には、空海の自在、行成の品格、一休の破格、仮名の豊潤な世界は存在しないようです。 RT @PainAuChocola3: @tokyo_satokei 「ド下手くそ」笑。辛辣だなぁ…

どこで手本と違っちゃったのか?

・字の下手な僕が、書を観る目も無いが故に、失礼ながら先生の書に親近感をいだいてしまっております。

・人事と書いて「ひとごと」とならないようにお願いします。

「毎日の通勤時にこれを見るのは正直しんどい。ちゃんとした書家に書き直してもらった方がいい。」 (内閣人事局職員談、朝日新聞2014年7月31日朝刊4面より) pic.twitter.com/DlIi2ZZ7gl

なんか、通知欄で稲田朋美の「内閣人事局」の字の評価をめぐって、書家の方同士で論争に。。。

書家の石川九楊さん(69)は「基本的で最も大切な均衡・均等、安定性を欠き、ここにあるのは見せかけの力強さや勢いだけだ。まさに、今の安倍政権全体を象徴している」

こんな下手くそな字で、看板書くなよ、と、誰も言えないのか。

別に悪いとは思わない。均整だけが価値じゃない。 "@kenkenir: 毎日の通勤時にこれを見るのは正直しんどい。ちゃんとした書家に書き直してもらった方がいい。(内閣人事局職員談、朝日新聞2014年7月31日朝刊より) pic.twitter.com/hj0pfp6cDU"

ひどい字。看板倒れではなく、看板すら倒れているだ。“@kenkenir: 「毎日の通勤時にこれを見るのは正直しんどい。ちゃんとした書家に書き直してもらった方がいい。」 (内閣人事局職員談、朝日新聞2014年7月31日朝刊4面より) pic.twitter.com/beZuTaNeBh

どうしてこうなった?

書家の石川九楊さん(69)は「権力者が身を修めることや詩文書の教養、作法を欠いたまま、看板を書くという形だけが残っている」

1