実は、梅田地下街自体の歴史は非常に古く、戦後10年ほど経過した1960年代と言われています。
この頃になると、まずはJR大阪駅を中心とした地区に地下街が構成されました。
その後、モグラがまっしぐらにトンネルを掘るかのごとく、徐々に地下通路が延伸されました。
おまけに、四方八方に伸ばしてしまった結果、最後には作った人さえ把握しきれないほどの状態に。
更に、これは大阪人ならではの性格といえるかもしれませんが、「どうせ作るんやったら、めっちゃ便利なほうがええんちゃう?」的なノリがあったのかなかったのか、全ての列車駅や商業ビルとの連結を求めてしまい、結果として、現在のような文字通り四方八方の通路ができてしまったんです。
おまけに、更に追加された地下駐車場との利便性を高めるため、現在でも通路が拡張されており、ますます帝国の繁栄に寄与しているやらいないやら・・・

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

訪れないと損?日本一の地下ダンジョン「ホワイティ梅田地下街(梅田地下帝国)」がとにかく凄すぎる

掲示板やネットなどでたびたび取りざたされる為、ローカルでありながらも全国的なコアな知名度を持つ地下ダンジョン、それが「ホワイティうめだ」。大阪の中心部・梅田地区にある地下街の名称ですが、地下街とは名ばかりのその迷宮的な魅力に、全国各地から多くの見物客が現れるほど。

このまとめを見る