1. まとめトップ

本場のトマトソース イタリア家庭では、どうやって作って、保存しているの?

夏本番!イタリアの家庭では、フレッシュな完熟トマトを使って、自分の家の味のトマトソースを1年分作り、保存します!

更新日: 2014年08月02日

13 お気に入り 12334 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

toscanaestさん

材料:にんにく1、たまねぎ中1、にんじん2本、セロリ1、有機栽培トマト1kg、バジル、塩、エキストラバージンオリーブオイル
作り方:
野菜を全部同じ大きさにきってステンレスの鍋に入れる
大きめにトマトをカット
皮は栄養価があるので残しましょう
野菜にオリーブオイルをまわし、トマト、塩を入れる
野菜がすべてやわらかくなったら、火からおろして、ハンドミキサーで潰す(この行程は約20~30分)
バジルを加える
瓶はしっかり煮沸、もしくは、オーブンで熱し、蓋は必ず新しいもの使いましょう
漏斗としゃもじを使って瓶に入れ
大目の水に瓶がしっかり浸かるように入れ、布巾をいれ30分煮沸
冷暗所保存

明らかに南イタリアの田舎の家での夏の風景!
トマトを大雑把に洗ったら、そのままガンガン潰して、ソースをつくり、瓶にいれ、栓をして、煮沸。
ドラム缶で煮沸する様子がすごい!

洗ったトマトをしっかり拭いて~、切って~、マシーンにかける トマトソースを煮込んで~
瓶に詰めて出来上がり~

田舎に家がある、情熱ある、経験者がいる、一日暇あり、4~5人のおかしい人がいること条件!安上がりにはならないけれど、楽しんで、安心できるから、自分で作る
BIOのトマトを1個ずつ洗う、水をいれた鍋でトマトを煮る、よくかき混ぜる、余分な水を取り除く、清潔な生地を使って水気を漉す、トマトが冷めたら、漉し器にかける、清潔な容器に移し、塩をし、味を調えたら、瓶に詰め、蓋をしっかりしたら、新聞紙でくるんで(瓶が割れないように)、煮沸30分 出来上がり!

できるだけ有機栽培で、完熟まで日光浴したトマトを使いましょう
流水で洗って、水が沸騰したら、トマトを入れる
5分煮る、
水気をよく取る、網で押しながら、中の水もよ~く出す
漉し器にかける
お好みの硬さのソースに持っていく(ソースが硬すぎるときは、先に出たトマトの水気を足す)
瓶に詰める(ぎりぎりまでもって来ない)
蓋をしたら、たっぷりの水から煮沸(瓶が割れないように布巾か新聞を入れる)
40分煮沸 冷暗所保存

完熟サンマルツァーノ3kg使用
トマトを流水でよく洗い、上部に十字切り込み、お湯に入れる2~3分で引き上げる(果肉はしっかりした状態)
ざるに上げ、冷まし水気を取って、皮をむく
瓶を煮沸(30分)、瓶がぶつからないよう、清潔な布巾で隙間埋め
乾いた瓶に、トマトを入れる(瓶口から2~3cmは余裕をもつ)
蓋をよく閉め、瓶を鍋に入れ、隙間に布巾をいれ、水をいれて、火にかけ、沸騰してから30分煮沸する
瓶が冷めたら、蓋を確認、クリックラック!ペコッと引っ込んで真空状態だったらOK!
膨らんでいたら、蓋を変えて、もう一度煮沸
1年以内に消費、暗所低温の場所で保存

1