1. まとめトップ

【料理】夏まっさかり!! 夏バテ防止の料理まとめてみました!!

夏も本格的になり夏バテされている方も増えてきているのではないでしょうか?ここでは夏バテのメカニズムとそれを防止する料理についてまとめてみました!!

更新日: 2014年08月02日

55 お気に入り 63504 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

47xxさん

まずは夏バテに関してお勉強!!

炭水化物そのものは人間のエネルギー源ですので、体力が落ちている夏バテには有効なのですが、炭水化物だけを食べていても、 エネルギーには変わらないので対策にはなりません。

炭水化物の消化にはビタミンB1,B2であり、 クエン酸が必要なのです!

【ビタミンB1,B2とクエン酸がないと・・・】

逆に言えば、ビタミンB1、B2やクエン酸がなければ、いくらエネルギーの元となる炭水化物をとってもエネルギーには変わりません。 それどころか、疲労物質の元となる乳酸や脂肪に変わってしまいます。

図のようにいくら食べても逆に疲れがたまってしまう状態になりかねません。

夏バテにはビタミンB1,B2とクエン酸をしっかりとって、疲れの元となる乳酸をどんどん消費してエネルギーに代えていきましょう!

以下ではビタミンB1,B2やクエン酸がたくさん含まれている食材とおいしく食べられるメニューをご紹介します。

【ビタミンB1,B2をたくさん含む夏バテ防止・解消の食材】

豚肉(特にモモ肉、ひれ肉)
レバー
枝豆
納豆
豆腐
玄米
うなぎ(ビタミンB1
いわし
ゆず

【ビタミンB1,B2をたくさん含む夏バテ防止・解消のメニュー】

材料 (4人分)
豚薄切り肉400~500g
白菜1/4個
えのき1袋
長ネギ1~2本
豆腐1丁
茹でうどん2袋
水1500ml
昆布10㎝
酒50ml
☆梅ごまタレレシピID:631701
★ポン酢しょうゆレシピID:616051
★大根おろし適宜
★七味唐辛子適宜

卓上のコンロに鍋をのせ、沸騰したらお肉を入れ、色が変わったら引き上げ、お好みのタレで頂きます。

材料(5人分)
レバー300g
片栗粉適量
生姜(ニンニクもOK)30g
ニラ1束
油適量
濃口醤油500cc
酒500cc
だしの素5g
もやし適量

フライパンで生姜(ニンニク)を炒め、そこに調味料を入れる。

ニラ、もやしを入れて炒め最後にレバーを入れてヘラかしゃもじでサッと混ぜて出来上がり。

材料 (2人分)
豚肉100g
絹ごし豆腐300g
だし汁300cc
醤油大さじ1
オイスターソース小さじ2
■ <豚肉の下味>
砂糖(三温糖)小さじ1/2
醤油小さじ1
酒小さじ1
片栗粉大さじ1
すりおろし生姜少々
■ <仕上げ>
水溶き片栗粉適量
刻み葱適量

【クエン酸をたくさん含む夏バテ防止・解消の食材】

【これすらも食べられれない!という方へ】

もう元気がなくて、上に書いたようなさっぱりしたものすら食べられない!という方もいらっしゃるかと思います。

そんな人は、サプリメントでビタミンB1,B2やクエン酸を補うことをおススメします。

食べ方のコツ

夏バテで食欲がないときには、食材やメニュー選びも大切ですが、食べ方にも工夫が必要です。

1 2