弁護士報酬が自由化された平成16年4月以降も、上記基準(いわゆる旧日弁連基準)に従って、法人・個人事業主に対する月額顧問料5万円、非事業主に対する月額顧問料5000円 と設定しているところが多いと思われますので、これが原則的な「顧問弁護士量の相場」になると考えて良いかと思います。

出典顧問弁護士費用の相場について | 顧問弁護士 大阪|大阪の弁護士による中小企業のための法律相談(リーガルブレスD法律事務所)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

転ばぬ先の杖として「顧問弁護士」について考えたい。

なんだか怖い時代なので、個人向けの顧問弁護士のメリットや費用、注意点に関してまとめてみました。

このまとめを見る