一九五八年(昭和三十三年)八月二十日午前十時十五分、最初の電話が読売新聞社の社会部に入る、声の主は「特ダネをやろう」と喋りだす。「女を殺した、太田芳江さんだ。小松川高校のアナに投げ込んできた」。記者は場所を問い返す。「アナだ」と繰り返し、ガチャンと電話を切る音が記者の耳に飛び込んだ。読売新聞は、二つの事実を確認する。確かに小松川高校定時制二年生の太田芳江が十七日午後から出たきりになっていること。犯行を伝える声の主は゛アナ゛と言ったが、小松川高校に地下室はなかった―。

二度目の電話は翌朝二十一日午前七時十五分に小松川署にかかってきた。電話の内容は読売新聞社にかけられた文句と同じだったが、場所が特定される。高校の屋上の南から二番目の暗渠と。゛アナ゛は屋上にあったのだ。電話から十五分後、電話の通り小松川高校屋上のスチーム管の暗渠のなかで腐乱死体を発見。小松川署は警視庁捜査一課と鑑識課の応援を求め調べた結果、死体の状況から他殺と断定。被害者は黒の学生用スカート、白靴下、白靴、行方不明となった当時のままであったが、家を出たとき所持していた百五十円と網の手提げがなくなっていた。

二十二日午後五時にも読売新聞社へ電話がかかる。「太田のクシを持っているから送り返した。オレはウブじゃない。前にも一度人を殺したことがある。結婚に破れて―」。そのクシは二十四日朝、葬儀の最中に太田宅に配達される。二十六日午後八時十五分の電話は全く開き直ってふてぶてしい調子。「いまね小松川警察に電話かけたよ。7時半に小岩郵便局に行ってね、そこのポストに寺本捜査一課長あてに手紙入れたよ。なかにね、被害者の鏡と写真三枚、それからブンメンが入っているんですよ」。

読売新聞社にかかってくる電話のなかにはイタズラ電話も含まれていた。例えば上野駅からかけているという犯人を自称する電話の内容が紙面を大きく飾ったこともあった。

二十八日午前七時三十四分。「昨夜の上野の男はデタラメだ。犯人はオレだ」と゛長い電話゛がかかってくる。「もうこれきり新聞社にも警察にも電話しない」と、これが最後の電話であることを示唆したうえで―。

「オレはねェ、これを考え出したのが夏休みに入る前さ。夏休みは七月二十日からだよ。殺人決行を決めたのは、一週間前だ。オレは被害者の紙まで一枚も残さずまとめて持って帰った。指紋を残さないためさ。それくらい冷静だった。完全犯罪だよ。これで二度目の完全犯罪さ。もう危ないからやらないつもりだけど三度目は予告するよ」。前の殺人!?やはり若い娘なのか。「そんなことは言えねえよ。ヤバイからな」。犯行は二人?「オレは一人だよ。そういえば屋上で死体から証拠物品をとっていたとき二人の話し声がかすかに聞こえてきた。オレは死体に三十分ほど腰かけてやりすごしたよ」。いつ殺した?「言えないよ。アリバイ確定してしまうよ」。殺しの動機は?「それは言えないよ。バレてしまうじゃないか」。君はどこにいるのか。「小松川警察署前の公衆電話ボックスだよ。もう聞くことはないか、会社が八時からだから遅刻しちゃうよ」。探偵小説に興味があるのか?!「ないよ。世界文学は好きだ。プーシュキン、ゲーテ、特にゲーテの『ファウスト』の一部がいい。ドストエフスキーの『罪と罰』は言葉のアヤといい全く迫力があるね。しかし断っておくけどこれから暗示は得ていない。無意識で頭の隅にあるかどうかは判らないけどね。じゃ切るよ。もうかけないよ」。

この電話は二十九分間に及んだ。日本電々公社(現NTT)が江戸川区小松川公会堂前の公衆電話からであることを明らかにし、電話が切れてから二分後にパトカーで駆けつけたものの犯人らしい姿はなかった。読売新聞社が録音していた電話の内容を、警察庁は十分間にまとめ各放送局に流して、都民の積極的な捜査への協力を呼びかけることにする。二十九日正午のニュースでNHKなどから一斉に放送された。

事件発覚から十日後の九月一日午前五時、江戸川区上篠崎町一三〇〇朝鮮人部落内、日雇人夫・李仁竜(当時十八際)を殺人の疑いで自宅で逮捕。李はニンンマリと笑い「とうとうやって来ましたね。やはり完全犯罪は敗れましたよ・・・」と述べた後で「後に残る両親や兄弟が本国へ送還されることのないよう考えてくれ」と半聾唖の母親(当時三十九歳)を振り返ったという。李は直ちに本事件犯行と、同年四月二十一日の工場賄婦をしていた田中せつ子(当時二十四歳)殺しの犯行も自供。

http://d.hatena.ne.jp/teru0702/20120401/1333253708

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

小松川事件【李珍宇】まとめ

1958年8月、新聞社に若い男から「高校で女を殺した」という内容の電話があった。 まもなく警察が現場を調べたところ、同校のY子さん(16歳)の遺体が発見される。男はその後も警察署や新聞社に電話しつづけ、逮捕された。男は同校夜間部の李珍宇(当時18歳)。さらにもう1件の女性殺しを自供した。

このまとめを見る