男子学生は1940年2月生まれで犯行時18歳であったが、殺人と強姦致死に問われ、1959年2月27日に東京地裁で死刑が宣告された。二審もこれを支持、最高裁も1961年8月17日(被害者の命日)に上告を棄却し、戦後20人目の少年死刑囚に確定した。
事件の背景には貧困や朝鮮人差別の問題があったとされ、大岡昇平ら文化人や朝鮮人による助命請願運動が高まった。大岡昇平、木下順二、旗田巍、吉川英治、渡辺一夫らは「李少年を助けるためのお願い」(1960年9月)という声明文を出し、

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

小松川事件【李珍宇】まとめ

1958年8月、新聞社に若い男から「高校で女を殺した」という内容の電話があった。 まもなく警察が現場を調べたところ、同校のY子さん(16歳)の遺体が発見される。男はその後も警察署や新聞社に電話しつづけ、逮捕された。男は同校夜間部の李珍宇(当時18歳)。さらにもう1件の女性殺しを自供した。

このまとめを見る