出典 shop.plaza.rakuten.co.jp

シミュラクラ現象

シミュラクラ現象(シミュラクラげんしょう、英: Simulacra)とは、人間の目には3つの点が集まった図形を人の顔と見るようにプログラムされている脳の働き。和訳は類像現象。

人は他人や動物に出会った場合、敵味方を判断したり、相手の行動、感情などを予測したりする目的で本能的にまず、相手の目を見る習性がある。人や動物の目と口は逆三角形に配置されていることから、点や線などが三角形に配置されたものを見ると、脳は顔と判断してしまう。

この情報が含まれているまとめはこちら

『オバケなんていない』ことを科学的に解明する

夏になると盛り上がる怖い話や心霊体験。合宿やキャンプで肝試しをすることもあります。ただ怖い話が苦手な人がいるのも事実です。様々な心霊体験がありますが、そのほとんどが実は科学的に解明できるもののようです。はたして幽霊はいるのでしょうか。

このまとめを見る