1. まとめトップ

【永久保存版】バンコクラーメン戦争、勝ち店リスト【随時更新中】

バンコクの激しいラーメン戦争を勝利した本当に人気のある美味しいラーメンを紹介します。

更新日: 2018年09月18日

32 お気に入り 382751 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

まずは今話題のお店紹介

タイ人による麺からスープまでこだわった手作りラーメン 新道ラーメン

【店舗情報】
店名:Shindo Ramen(新道ラーメン)
場所:Salaya, プッタモントン ナコーンパトム 73170
電話番号:064-285-2847
営業時間:火~金 17:00-21:00 日 11:30-17:00
定休日:土、月

場所はかなり遠いですが、絶品ラーメンがあると評判の良いお店です。なんといってもこのお店のウリは低温調理のチャーシュー。ラーメン通なら一度は行っておきたいお店です。

この値段ならありがたや一風堂ゼロ

セントラル ラマ9に一風堂がオープン。新メニューの「ZERO」130Baht と今までの一風堂と違いかなり安めの設定。しかしお会計時に10パーセントのサービスチャージが加算される。

以上です。こちらも随時更新します!

食べログ一位の麺屋一燈がバンコクに進出

チッドロム駅から徒歩5分、【エラワン・バンコク】のLG階(地下?)にあり、アクセスはとても便利。
営業時間は 昼 11時30分から14時30分
      夜 18時〜21時まで

メニューは魚介濃厚つけ麺の他、塩ラーメンと濃厚魚介ラーメンもある。
麵屋一燈特製つけ麺は350バーツ、魚介濃厚つけ麺は270バーツ(+vat,tax17%)。チャーシューが三枚と辛味海老がつくか否かで値段が違っているだけでスープは同じである。
つけ麺の麺がかなり美味しい。その麺が素材の溶け合った極上スープに絡み合い至福。スープ割りをするのを忘れてそのまま食べきってしまいそうになる。

塩ラーメンも人気の様子
特製とノーマルの違いはどのメニューもトッピングの違いだけである。

ホタテオイルを入れるとまた一味つけ麺が変化する。店内にスープ割りポットもある。

「麺屋一燈」は東京の新小岩で展開するラーメン店で、食べログのラーメン部門で1位。同店の海外進出は昨年の台湾に続く2カ国目になる。

場所はスクンビット通りソイ51、BTSトンロー駅から歩いて5~6分くらいのところです。

お店の名前がついている新道ラーメン値段は169バーツ。つけ麺は249バーツです。

バンコクで唯一生き残る家系ラーメン内田家

お店は2店舗

お店の営業時間:11:00〜2:00


タニヤ店→BTSサラデーン駅から歩いて3分ほど。タニヤ通りの中ほどにあります。シーロム通りからタニヤ通りに入って、少し歩けば左手に看板も見えてきます。

スクンビット39店→最寄り駅はプロンポン駅。しかし駅から少し遠いです、フジスーパー2の入ってるビルのとなりにある。
住所 G Fl., Citi Resort, Sukhumvit Soi 39

※ちなみにタニヤ店は味に波がありソイ39の方が評判は上々。

濃厚なのにくさみのない豚骨スープ。1日100kgという通常の倍以上の豚骨を使い、背骨とゲンコツで味の深みをバランスよく仕上げる。毎日丁寧に炊き上げるスープは、最後の一滴まで飲み干したくなるうまさだ。特注の中太ストレート麺と絡めて食す「内田家特製らーめん」は、病みつきになるのは必至。

替え玉は50バーツです。

※バンコクにある数少ない家系ラーメン屋が潰れ現在唯一家系ラーメンが食べれる場所になっている。

1 2 3 4 5