1. まとめトップ

【J-POP】実は洗脳だった!?

テレビの音楽番組なども人気があり、携帯で毎日聞いている人もいるJ-POP。そんなJ-POPには、もしかしたら怪しげな目的があるのかもしれません。

更新日: 2015年07月07日

13 お気に入り 131119 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

radiconさん

日本の女性歌手、ファッションモデル。東京都足立区綾瀬出身。本名:永山 カエラりえ(ながやま カエラりえ)、旧姓:木村。血液型はA型。夫は俳優の瑛太。

日本人の母親とイギリス人の父を持つ日英のハーフ。

ヘブライ語(またはヘブル語、ヒブル語)には、古代にパレスチナに住んでいたヘブライ人(ユダヤ人)が母語として用いていた言語古典ヘブライ語(または聖書ヘブライ語)と、現在イスラエル国で話される現代ヘブライ語とがある。現代ヘブライ語はヘブライ語で「イヴリート(イヴリット)」と呼ばれ、古代の聖書ヘブライ語は Leshon HaKodesh あるいは「聖なる言葉」すなわち「神の言語」という名前で知られていた。

ヘブライ語はユダヤ人が使っていた言葉です。現在使われている国もイスラエルやパレスチナなど、関連する国に限られています。

木村カエラとPerfume

木村カエラはPerfumeの知名度を大きく上昇させるきっかけを作った人物である。

Perfume(パフューム)は、日本の女性3人組テクノポップユニット。全員広島県出身。

プロビデンスの目を表す左目を隠し強調する

あと人差し指と親指で丸を作って666を示すものもあります

1つは上に1つは下に伸びる光線が3人の両手から出ています。これは「上のように下も然り、下のように上も然り」ということを表しています。

これはキリスト教の悪魔「バフォメット」と同様。

木村カエラときゃりーぱみゅぱみゅ

木村カエラはまだ女子高生読者モデルだった頃からきゃりーぱみゅぱみゅに注目していて、自身のブログで彼女のブログについて取り上げたこともある

ミュージシャンの木村カエラ(26)が女子高生モデル・きゃりーぱみゅぱみゅのブログにハマっていることをブログで明かした。

目のマークやハンドサイン、他にも秘密結社のシンボルが多く登場します。

ちなみに・・・

きゃりーぱみゅぱみゅは、本人も影響を受けたというアメリカの有名なアーティスト、ケイティ・ペリーに紹介されています。

ケイティ・ペリーはPVにあからさまなシンボルが登場する曲も出しています。

Perfumeときゃりーぱみゅぱみゅには様々な都市伝説や噂がありますが、実はある共通点があります。それはご存知のとおり、音楽プロデュースを同じ人が行っているということです。

プロデューサー

中田 ヤスタカ(なかた やすたか、1980年2月6日 - )は、日本のDJ、音楽プロデューサー。石川県金沢市出身。
音楽ユニット・CAPSULEとしてのアーティスト活動のほか、音楽プロデューサーとしてPerfume、きゃりーぱみゅぱみゅなど多数のアーティストを手がけている。また国内外のアーティストへのリミックスの提供。映画のサウンドトラック、ニュース番組のテーマ曲、アパレルブランドのコレクション用楽曲などを手がける作曲家としても幅広く活動中。
http://goo.gl/1Z6WR7

当初「KILLER WAVE」(キラー・ウェーブ)のタイトルで3月23日に発売予定だったが、東北地方太平洋沖地震の影響により発売延期となりタイトルも「WORLD OF FANTASY」に変更された。

彼がイルミナティのメンバーで、3.11を事前に知っていたという噂があります。 レコーディングを含めた楽曲制作を全て自身のプライベート・スタジオで行っていることも、都市伝説として語られる所以でもあります。

宇多田ヒカル

日本の女性シンガーソングライター。本名、宇多田 光(うただ ひかる)。愛称はヒッキー(Hikki)
アメリカ合衆国ニューヨーク州出身で、デビュー当時はアメリカと日本の二重国籍だったとされるが、その後については公式の発表はない。
2000年頃の日本のR&Bブームに大きな影響を与えた。日本史上最も多くの売り上げを記録した『First Love』を筆頭に、オリジナルアルバム歴代売上の上位トップ2を独占している。
http://goo.gl/mClhmZ

上の方にある宇多田ヒカルの顔。その下に秘密結社フリーメイソンのマークが描かれていたジャケット。ファンから問い合わせがあったあと、差し替えられたという噂があります。

なぜ音楽を使うのか

音楽は洗脳の手段でありツールですね。
というと、中には「なぬ?」と驚く方がいるでしょう。

いえいえ、これは決して陰謀論でも何でもなく、
現代の音楽、殊に大衆音楽の多くは、洗脳ツールとして使われています。

たとえば、大衆音楽が最も盛り上がり、
音楽が洗脳ツールとしても最も活躍できたのは昭和の時代です。

昭和時代の歌謡曲を見ていると、洗脳政策がもっとも
巨大に行われていたことが分かります。

私たちは日常生活の中から洗脳されているのでしょうか。

1