1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

【高解像度ナウキャスト】怖いゲリラ豪雨に台風…自分の身を守るためのアプリ・サイト

ゲリラ豪雨、台風による災害……そして水の事故のニュースは今年も途切れることがありません。できるかぎり、事前に自ら情報を得る手段を、確保しておく必要があります。

更新日: 2014年08月07日

48 お気に入り 21770 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

njip.fibさん

キャンプ場で車がゲリラ豪雨で増水した川に流される事故が発生

神奈川県山北町中川の河内川河川敷のキャンプ場「ウェルキャンプ西丹沢」で一日夜、同県藤沢市からキャンプに来ていた家族四人の乗った車が増水した川に流され、母子三人が行方不明となった事故で、三人は一日夜から二日朝にかけ、いずれも遺体で見つかった。

非常に強い台風11号も接近中

非常に強い台風11号は2日午後6時現在、フィリピンの東にあって時速15キロで西に進んでいる。今後、勢力を強めながら北寄りに進路を変え、7日ごろ沖縄地方に最接近する見込み。

中心気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。半径150キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、南側390キロ以内と北側280キロ以内が15メートル以上の強風域。

台風8号では、すでに7人の尊い命が奪われている

長野県南木曽町では、9日に発生した土石流で中学1年男子(12)が死亡。沖縄県・宮古島では10日、男性2人が海で死亡した。周辺は台風8号が過ぎた後も風が強く、当時は波浪注意報が出ていた。朝日新聞のまとめでは、台風に絡む死者は7人となった。

この夏は、何度も台風が来る可能性あり

分析していくと、この夏は何度も巨大な台風が日本を直撃する可能性が導き出される。

今回の台風8号のケースでいえば、発生したフィリピン東方海域の海面が31~32度と平年に比べて2度ほど高く、進路となった沖縄近海でも同様だった。そうした条件下では、日本列島に上陸する直前まで台風は発達し続けます

自分の身を守るためにも、雨や台風の最新情報をキャッチするサイトやアプリをおさえておきましょう。

気象庁「降水ナウキャスト」が高解像度になって提供開始

気象庁は、降水域の分布を高い解像度で解析・予測する「高解像度降水ナウキャスト」を8月7日より提供開始する。

これまで局地的な大雨の予測は難しかったが、高性能レーダーや自治体などが設置する全国約1万カ所の雨量計も活用。解析装置の処理能力も高めて、急発達する雨雲の勢いや移動を5分ごとに30分後まで、ほぼ正確に予測できるようになったという。

プッシュ通知で事前に知らせる「Yahoo!防災速報」

このアプリでは、自分の地域をはじめに登録しておくだけで、その地域の地震情報、豪雨情報、津波予報、電力使用状況、計画停電についての速報を通知してくれます。これがあれば事前に準備が出来るので、例えば豪雨が来るという通知が来たら「雨降るから雨戸閉めといて」と家族に伝えたり出来て安心ですね♪

自宅も実家も、勤め先の情報もこれですぐに確認できます。気象庁、環境省が、発表する情報をもとにしているため、情報はもちろん、信頼できます。

カメラを向けて雨情報をチェックする「アメミル」

出かける方向の天気が気になる時、アメミルを起動しその方角を映してみよう。するとカメラの画面上に雲が現れ、雨が降っていれば雨の映像が映し出される。

標準の状態で見られる情報は、現在から1時間前までの1時間だ。「雨通知」のみ、1時間先の情報を元に行われるが、通知の結果地図を開いても現在の状況までしか表示されない。

もし先の予測を見たいのならば、アプリ内課金を利用する必要がある。月額100円で、1時間先までの予測データを閲覧可能になる。

1 2