注目した方が良いのは純資産総額と呼ばれるファンドの規模、運用担当者(ファンドマネージャーなど)がどのように運用するのかという情報、手数料が高いか安いか、といったポイント

出典投資初心者はまずここから:初めての投資信託・実践のための5つのポイント(後編) (1/2) - Business Media 誠

前へ 次へ