1. まとめトップ
  2. 雑学

山本美月も告白!ぼっち嫌い「ランチメイト症候群」

現代社会に生きている私たちの心の問題に興味を持ち、まとめてみました。

更新日: 2014年08月03日

238 お気に入り 202976 view
お気に入り追加

山本美月もぼっちに見られることがいやだと告白していた

タモリが「今どきの学生は1人で学食で食事するのが恥ずかしいらしいんだよ」と話すと、山本美月は「私も苦手です」と言うのだ。「みんながグループで一緒に食べている中で、1人でいると“さびしい子”に思われちゃって。かわいそうなイメージになるのではとドキドキします」とその理由を語った。

近年「ランチメイト症候群」が社会問題になっている

ランチメート症候群

学校や職場などで、一人で昼食をとることを不安がる心理状態。友人がいないこと自体より、友人がいない魅力のない人と周囲に思われることを恐れる。正式な病名・症状名ではない。

学校や職場で一緒に食事をする相手(ランチメイト)がいないことに一種の恐怖を覚えるというもの。

便所飯という言葉が流行ったのも最近のこと

便所飯なう。昼間からレストランのランチをお楽しみのみなさん、残念ですが、さようなら。

トイレにこもると落ち着くな 便所飯って案外快適じゃないか?

15年前に既に便所飯をしていた便所飯先駆者の俺が思うに、 リア充のぼっちとゴミクズのぼっちには、同じぼっちでも天と地の差がある。 周囲に「この人は友人も恋人もいる御洒落で二枚目なリア充」と認知されている人が教室や食堂で一人で飯を食っていても何とも思われないし、一緒に食べようかなと

さすがに友達一人ぐらいはいるだろ 便所飯は都市伝説だろ? とか言い出してくるリア充に殺意が沸く

一緒に食事をする相手がおらず一人で食事を取るところを他人に見られたくない

人目を避けて食事する場所として他ならぬトイレを選ぶ理由としては、一人で食事しているところを友達の友達にも見られたくない

初めて「便所飯」を体験した大学生が「意外といいな。学食の席全部開いてなくても待たなくていい」と、書き込んでいた。

ある高校生は「リア充の会話を少しでも聞きたくないんだよ」と打ち明けていた。

学校や会社にあるトイレの個室に弁当を持ち込んで、ゆっくりランチタイム。仲間の輪に入れない「ぼっち」の人にとって、「便所飯」は落ち着いて過ごせるつかの間のひとときなのかもしれない。

食事をする相手がいないことを理由に仕事を辞めたり、学校へ行けなくなるケースも

ツイッタ検索したら在学生見つからないのに退学した人ばっかでてきてわろた 退学すんのは忙しいってのもあるけどぼっちなんだろうな ぼっちつらいんかなこういうとこってやっぱ

知らない人に会うのもつらい ぼっちもつらい ほんと死にたい

兎にも角にも、 会社では孤独なんです、私。はい。

結局、eラーニングで通える大学で、もしいじめにあってしまったら、孤独に勉強するしかないよっていうのをどっかに書いておくべきなんだろうなー。絶望して退学するよりはいい気がするし。

いったいどうして「ランチメイト症候群」とよばれる社会現象がおこったのだろう?

「自分の行動や選択に自信がなく、誰かにゆだねたい」という心理

仲良しグループができる頃になると見られるこの行動は、裏を返せば「みんながトイレに行っている間に、もしかしたら悪口を言われるかも…」という不安があるから。けれど、それが成人してからも続いているようでは要注意。自我が確立されていない=大人になりきれていないといえるかもしれない。

就活やビジネスシーンにおいて、一匹狼に見られるよりは友達が沢山いる印象のほうが有利だと考える人が増えている

1 2





misselmessaengerさん

主にメンタルヘルス・健康、美容、癒し全般についてまとめていきます。