1. まとめトップ
  2. 雑学

タイの袋詰めコーラが話題に!各国の飲み物事情が面白い

ネットで、タイの袋詰めコーラが話題になっています。実際に、海外での飲料の販売はビニール袋での販売が多いですが、日本では、ほとんど見られません。どうしてでしょうか?

更新日: 2014年08月04日

180 お気に入り 480226 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yuyu170823さん

ネットでタイのコーラが話題になっている

「タイでコーラを買ったら、こんな風に出てきたんだけど…」カルチャーショックだと話題の1枚 labaq.com/archives/51831… @lbqcomさんから 炭酸をこれってどうなのよw

一応ストローが付いているので、問題なく飲めるのは飲めるのだとは思いますが……あまり美味しそうな感じはしませんね。

アジア諸国を含め、途上国ではこうした袋に入った飲み物の提供スタイルが、ごく普通に行われているとのことです。

飲物専用の細長いビニール袋がちゃんと用意されていて、そこにストローを指して手渡してくれます

扱いにはやや注意が必要ですが、携帯性は決して悪くありません。

所詮8オンス(約250ミリリットル)しかないので、いざとなれば飲み切ってしまえばいいです

なんてったって、タイは袋文化の国である。ジュースもコーラも袋に入れて飲む。雨が降ったら頭にかぶる。

バンコク都心のOLは、このままオフィスに持ち帰ります。そして常備しているマグカップにこの袋ごとすっぽり入れます。

するとどうでしょう、飲み終えたらその袋を捨てるだけ!マグカップなんか洗う必要ないのよ!というそんなシステムです。

袋詰め飲料は海外では多い・・・どうして?

ビニール袋だから、立体の箱型よりかさ張らない。

一番のメリットは、やはり低コストでしょうね。それと「ゴミの減量化」でのメリットもある。

良い点の多い袋詰めコーラ・・・日本での導入は?

袋詰めでの販売は、電力消費量、ビンや缶の収集問題、リサイクル、原材料の消費にとって良いことばかりだと思います。

自動販売機の普及率は、人口や国土面積を勘案した普及率では、日本が世界一です。

海外は日本と違い自販機の普及率が治安の問題などから高くない国も多い。そこで、露店を出しテント販売で、ビニール袋にいれた飲料を販売している。日本では自販機が普及しきっているので無理。

出典自動販売機 | Activities | OMOYA LAB

瓶⇒袋に移し替えて販売している国もある・・・エルサルバトルが世界で初導入

1 2