1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

SUPERCELLさん

食べ過ぎの状態とは?

一度にたくさんの物を食べてしまい、胃での消化が間に合わなくなり、胃の運動が低下している状態を「食べ過ぎ」といいます。

食べ過ぎの状態になると胃もたれが起こったり、消化を早くするために過剰分泌された胃液が食道まで上がってくることによって胸やけを起こすことがあります。

食べ過ぎの腹痛・下痢を軽減させる方法

1)胸やけ

ムカムカとした胸やけがある場合、胃酸がたくさん分泌されたために胃が荒れたり、胃酸が逆流して食道の粘膜が荒れたりしている可能性があります。

牛乳を飲む、ガムを噛む

胃の粘膜を守る働きがある牛乳を飲みましょう。また唾液には胃酸を中和する作用があります。食後にチューインガムを噛んで唾液を分泌することで胸やけを抑えることができます。

お腹を強く締め付けない

胃酸の食道への逆流を招きやすくする胃の圧迫を避けるために、ベルトや帯、コルセットはゆるめにしましょう。

2)胃がもたれる

食事の直後や翌日になっても胃がもたれている場合は、食べ過ぎで消化が追いつかず、胃に食べ物が長くとどまっている状態です。

胃のぜん動運動を促進するマッサージをする

胃もたれが気になるようなときは、お風呂につかってマッサージをしましょう。湯船の中で両膝を立てて座り、口をあけてゆっくりと息を吐きながら指先で肋骨の下をもみこむと、ツボが刺激されて胃の機能が回復されます。

オクラ、キャベツを食べる

オクラ ⇒ ムチンが消化器官の粘膜を守り、タンパク質の消化吸収を助けてくれる
キャベツ ⇒ 胃酸の分泌を整えてくれる

3)お腹が痛い・下痢をする

胃痛を起こしたその日は絶食する

いつもと同じように食事をしていては、弱った胃に負担を与えることになります。胃痛を起こしたらその日は絶食し、水分補給も少量のお湯に留めましょう。

下痢をする場合はぬるめの水やお茶を少しずつ何回にもわけて飲む

激しい下痢は、脱水症状を引き起こすことがあります。冷たいものは刺激が強いので、うすい番茶、麦茶、ぬるめのミネラルウオーターを少しずつ何回にもわけて飲みましょう。

市販の薬を服用する

暴飲暴食が原因で、胃に痛みを感じることがあります。食後に起こるみぞおちの痛みは、胃のけいれんによることが多いため、抗コリン成分という胃のけいれんを抑える成分を配合した胃腸薬がおすすめです。

1