1. まとめトップ

【感動!】大人が選ぶ、泣ける洋画ベスト30!「SmaSTATION!特別企画で放送」

SmaSTATION!で放送された大人が選ぶ洋画ベスト30を紹介します。

更新日: 2017年09月30日

184 お気に入り 2884950 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

m218kさん

第30位「ミリオンダラー・ベイビー」予想できない衝撃のラストに涙…

感謝のエナジーはいのちの輝きを生むのである。
これはとても難しいことですが、どんな絶望の中にも一筋の光を、希望を見つけて生きていけたら、と思いました

<ストーリー>
トレーラー暮らしで育ったマギーのたったひとつの取り柄はボクシングの才能。彼女は名トレーナーのフランキーに弟子入りを志願し、断られても何度もジムに足を運ぶ。根負けしたフランキーは引き受け、彼の指導でマギーはめきめき上達。試合で連破を重ね、ついに世界チャンピオンの座を狙えるほど成長。しかし、思いもよらぬ悲劇が彼女を襲った。
2005年のアカデミー賞ほか数々の映画賞を受賞したクリント・イーストウッド監督主演作。

第29位「哀愁」恋愛ドラマの決定版!

見返すたびに涙します
ラストの悲劇だけではありません
随所に散りばめられた人を想う心にです。

<ストーリー>
ハリウッド映画史の中でも恋愛映画の代表作として知られる作。時代に翻弄され、悲劇的な終焉を迎えてしまう恋物語をヴィヴィアン・リーが熱演する。

第28位「グット・ウィル・ハンティング」不器用な男の友情に涙

<ストーリー>
癒されない孤独を抱える2人の男の心の交流を描いた、マット・デイモン、ベン・アフリック共同脚本で贈る珠玉のハートウォーミング・ムービー。

第27位「街の灯」笑いの中に涙がにじむ感動シネマ

<ストーリー>
盲目の花売娘のために奮闘するチャーリー。無償の愛を笑いと涙で描く不朽の名作。
 放浪紳士チャーリーは街頭で花を売る少女の美しさに魅せられ、ポケットに残る小銭で一輪の花を買う。だが少女は彼を金持ちだと勘違いしてしまう。後に引けなくなったチャーリーは、彼女の目の治療費を稼ぐため、悪戦苦闘を繰り広げる……。

第26位「フィールド・オブ・ザ・ドリームス」ベースボールが導く、親子の愛情に涙

<ストーリー>
アイオワ州の田舎町に住むレイ・キンセラは農業でなんとか家計をやりくりする、一見普通の貧乏農家。ただ、若い頃に父親と口論の末に家を飛び出し、以来生涯に一度も父の顔を見る事も、口をきく事すらもなかった事を心の隅で悔やんでいる。
ある日の夕方、彼はトウモロコシ畑を歩いているとふと謎の声("If you build it, he will come." = 「それを造れば、彼が来る」)を耳にする。その言葉から強い力を感じ取った彼は家族の支持のもと、周囲の人々があざ笑うのをよそに、何かに取り憑かれたように生活の糧であるトウモロコシ畑を切り開き、小さな野球場を造り上げる。

第25位「ダンサー・イン・ザ・ダーク」わが子を思う母の愛情に見た、救いようの無い悲しみ

この映画を観たことのない方にどう勧められるかというと
 難しいけれど、
 『いつか観てね。
  初見で観られることが羨ましい作品だよ。』
 と依然友達に言われたことを思い出します。

<ストーリー>
『メランコリア』のラース・フォン・トリアー監督が、カリスマ的人気を誇る歌手・ビョーク主演で描いたミュージカル。60年代のアメリカを舞台に、母と子の愛を描く。息子を失明から救うべく、工場で働きながらセルマは手術費を必死で貯めていたが…。

第24位「ロミオとジュリエット」シェイクスピア悲劇の名作

冒頭の窓から顔を出すシーンは、彼女の映画人としてのスタートに相応しい見事な演出でした。

きっと、多くの映画を愛する男性陣を見事に射止めたことでしょう。

<ストーリー>
言わずと知れたシェイクスピア原作の映画化。イタリア、ルネッサンス期の1450年頃、春まだ浅きヴェロナの町。二大名門として知られるモンタギュー家とキャピュレット家は、仇敵視しあう仲で日々

第23位「きみに読む物語」深い夫婦愛に思わず涙

やられた。感動してひっくひっく泣いてしまった。終わっても余韻でしばらく立ち上がれない系の感動作だ。

<ストーリー>
365通の手紙。白鳥の住む湖。-あの雨の匂い。想い出が少しずつ、きみからこぼれていく。だから、きみが思い出すまで、ぼくは読む。
憶えているだろうか。きみはまだ、17歳だった-。ある老人ホーム。初老を迎えてはいるが、未だに美しさを失っていないアリーは夢想に浸っている。そんなアリーに「もう寝る
時間だよ」と優しく声をかける、デュークと名乗る一人の男。彼を見つめるアリーの目には、最愛の夫ノアが、デュークの姿と重なりあって写っている。デュークが彼女の横に置いてあるノートを手に取る。そこには二羽の鳥の絵と、美しい女性の写真が飾られている。

第22位「レナードの朝」実話にこそ本物の感動がある

もう、本当にこんなに悲しいお話だと思いませんでした。号泣。
でも同時に、こんなに美しいお話だとも思ってなかった。

<ストーリー>
2 大名優が贈る30年振りの『奇跡』
1920年代に流行した嗜眠(ルビ:しみん)性脳炎によって、30年もの間、半昏睡状態のレナードは、意識はあっても話すことも身動きもできない。
彼に強い関心を抱いた新任ドクターのセイヤーは、レナードに試験的な新薬を投与し、機能回復を試みる。
そしてある朝、レナードは奇跡的な“目覚め”を迎えた…。
人間の尊厳と愛と友情を描き、全世界の話題を独占した2大名優ロバート・デ・ニーロとロビン・ウィリアムズの初共演も見逃せない。
監督に『ビッグ』のペニー・マーシャル。
第63回アカデミー賞作品賞、主演男優賞、脚色賞ノミネート作品。

1 2 3 4