1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

戊辰戦争を振り返って見ると、以上のようになります。

英のロスチャイルド家と仏のロスチャイルド家が二手に別れ、薩長倒幕勢力と江戸幕府の両方を資金と武器で支援します。

その後、両者を戦わせて、どちらが勝っても支配権と利益を手に入れます。

さらにこの後、明治政府を作らせた後に今度は、外国と戦わせます。

明治以降から現在に至る歴史の中で、特に戦争とお金の分野では、いつもロスチャイルド家またロックフェラー家が、深く関わっていました。
彼らはけっして歴史の表舞台に出てくることはありませんが、日本の歴史上の大事件の裏には、いつも彼らの存在があったのです。

明治以降の日本の歴史は、ロスチャイルド家およびロックフェラー家、また彼らに仕える国内の政治家によって起こされてきた戦争の歴史であるといっても過言ではありません。

宗教は葬祭 自然崇拝だったが 支配者が奴隷を拘束支配するための命令が

法 規則 戒律 強要された宗教 一神教 宗教は束ねると言う意味がある

 改宗させられた人がサバタイ派フランキストになった

ハザール王国がキリスト教とイスラムに挟まれそのもとのユダヤ教になった

アシュケナージユダヤ キリスト教に改宗したのがマラーノ

イエスズ会で欧州を支配 メイソン イルミナリティー その他が実行部隊

ロスチャイルドがその中心・?・

ロスチャイルドの世界革命行動計画

貼り付け元 <https://sites.google.com/site/uranenpyou/koudou-keikaku>

日本も明治 天皇がすり替えられ ロスチャイルドに支配されている

西洋のシステムはサバタイ派フランキストが影響している

彼らは最終戦争を起こせず 金融破たんしたようだ。

石油のドル離れでドル崩壊 中東 欧州の変化

新しい世界が始まろうとしているようだ・?

1