1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

甘やかしすぎ?妖怪ウォッチ転売問題。そこから浮かび上がる我慢の大切さ!

妖怪ウォッチの転売問題が話題になっています。「子どもがかわいそう!」という声が多数ありますが、ちょっと立ち止まって考えてみてください。本当にかわいそうなことなのでしょうか?そこには「親」の子どもに対する甘やかしがあるのではないでしょうか?そして、浮かび上がるのは我慢の大切さなのです。

更新日: 2014年12月27日

64 お気に入り 237004 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

cobalt0822さん

妖怪ウォッチ関連商品に大行列!

特にメダル、ガチャ、ウォッチの発売(入荷)時には、どこのおもちゃ屋、ゲーセン、電気屋にも大行列ができます。

中には転売目的で並ぶ人も…

ネットオークションでは早くも同製品が高額で出品されている。希望小売価格3456円のところ、3倍以上の値が付いているものもある。こうした状況に、ネットでは「子ども限定で売ればいいのに」「転売目当ての人は手に入るのに、本当に欲しい子どもの手には入らない」「子どもがかわいそう」と批判的な声が上がっている。

そんな中、買えなかった人たちの転売ヤーに対する怒りの声が上がる!

妖怪ウォッチの転売厨も後を絶たないな〜 爆発しねえかなw 子供のものとりあげて金儲けとか腐ってんなぁw

大人が妖怪ウォッチを転売するとか…妖怪ウォッチがあるところに行く➡妖怪ウォッチが無い➡子供が泣いたりしそうていうパターンになったりするのに転売する奴は子供の気持ちをわかってないと思う…子供の気持ちがわからない転売する奴は二度と妖怪ウォッチを転売しないでほしい。零式とか全然無いし…

妖怪ウォッチの転売?とかやってる奴、マジでセンスないから一生小銭追いかけててくれ頼む

妖怪ウォッチの転売問題 ライブのチケットやグッズも転売されてるけど人により上限あるけどほしかったら買う人はいるよね 高値付けてる人はバカじゃないのって思うけど… 子供のオモチャを転売すんなよ!このひとでなし(*`Д´)ノ!!!

百歩譲って遊戯のカード転売は許容しても、妖怪ウォッチの件はダメだと思う 子供向けの商品なんだから、それを大人が買い占めるなんてことをしちゃいけないだろうに

ちなみに、先日の妖怪ウォッチ劇場版特典付き前売り券のときは、ほとんどの人が購入上限数の6枚買ってた。いまどき6人家族なんてあまりいないよね?酷い人は家族4人で並んで24枚購入。。。その全部が転売とは言わないが相当流れてるでしょうね。 そうなんです。親たちが転売してるんです。

転売は否定しないけど、子供のおもちゃに手を出すのやめてやってくれ うちの弟も妖怪ウォッチ欲しい!誕生日に買ってもらう!ってはしゃいでたのに、どこにもなかったり高すぎたりでまだ買えてないんよね 幼稚園児だし、子供は欲しいものコロコロ変わるからその時に手に入らないとダメなんだから

そーいえば朝のとくダネ!で妖怪ウォッチの事してたけど小学生がもっともらしい事言ってて大人の転売ヤーは恥ずかしくないんかと思った。

妖怪ウォッチ転売目的の大人が買って子供たちが買えないのはかわいそう

ちょっとまった!それって可哀そうな事なのか?

確かに「買えなかった」という事実に対しては、かわいそうと思えます。

しかし世の中何でもかんでも手に入るというわけではありません。それこそ何でも手に入ってしまったらその子の将来はどうなるでしょうか?

世の中の仕組みとして転売(せどりなどを含む)は存在し、許可を取って生業としている人もいます。
親の甘やかしの部分もあるのではないでしょうか?

販売元は売れるであろう個数以上作って在庫を抱えるようなことをするとは思えず、足りないくらいの販売個数というのは自然な流れかと。需要と供給ですから、今回は需要の高まりが供給を上回っただけの話であり、少しの間待てば需要と供給のバランスが合うのが自然界。

甘やかされて育った子どもは重大犯罪を引き起こす可能性も!

甘やかされて育つとは、がまんすることを学ばないで育つことです。何かに耐えたい、自制することができなくなってしまいます。

長崎県佐世保市で、高校1年生の女子生徒が殺害された事件で、逮捕された同級生の女子生徒の部屋から、 現金およそ100万円が押収されていたことが警察への取材でわかりました。

佐世保の同級生殺人事件。多額の現金、マンション…様々な事情があろうが、さすがにあげすぎ、与えすぎです。

女性を誘拐監禁していた男性は、かなり溺愛され、甘やかされて育ったようです。父親が63才の時の子であり、実質的には一人っ子で、経済的にも恵まれていました。

1990年11月に起こった少女誘拐監禁事件。約9年もの間監禁されていた少女は思春期を異常な環境で過ごしていた。加害者はやはり甘やかされて育っていた模様。

逮捕の日テレ・みの次男 遅刻常習犯で遅れても「ちーっす」

少し前ですが、みのもんたの息子が酔っぱらったサラリーマンの財布からカードを抜きだし、現金を引き出そうとした事件。みのもんたの父親放棄っぷりと、その息子の態度のでかさに呆れます。

親がやるべきこと…それは?

買えなくて残念…。転売は悪だ!転売ヤーのせいで子どもが泣いている!


そうではありません。意外と説明をすれば納得する子どももいますし、納得しなれば繰り返し理解させることが必要になります。

我慢ができない子どもはキレやすい、何事に対しても集中力がない、考えようとする頭がないなど、良くない方向に進みます。また、それを親自身が仕向けている場合もあります。

無ければ無いなりに考えて遊ぶ。ブームは一過性のものですので、少し落ち着くまで待つなどやりようによっては実りある人生になります!

というか、そういう躾をするのも親の役目だとオレは思うのだが、間違っているのだろうか… 我慢することを覚えさせる絶好の機会だと思うよ、この妖怪ウォッチ転売問題

妖怪ウォッチの転売の件、我が家では娘の教育に役立ってます。 売り切れで買えない時は我慢することを諭しました。行列に横入りする人やそれで喧嘩してる人がいたら、「悪い大人の見本」としてルールやマナーの大切さを諭しました。 その甲斐あってか?スーパーの玩具売り場で普通に買えました^^

妖怪ウォッチ 転売問題をテレビで見たけど、定価以上で買う親がいるからアカンってことに気づけ。 だから高値で売買っていう悪循環なんじゃん。 我慢させるとか大事なんじゃないの? 昔ファミコンも入手困難だったなーーー

1 2