1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

で日本製品は、「商品の流通過程も含めて信頼が置ける」ので、同じ中国製といえども日本市場と中国市場で流通する製品の質には違いがあると主張。また、日本では規格に合格した物だけが販売されているので、中国で大量生産された同じ商品でも比較すると品質が明かに異なると指摘した。

 同じ物でも手に取って品質の差がわかるほどの差があるのであれば、やはり日本で売られている中国製品を買って帰ると言うのも頷けるのではないだろうか。

中国産の毒ギョーザ事件とか マクドナルドの不良肉問題で悪いイメージがあるが 比率では すごく安全である。

日本での輸入食品不良率

"アメリカ  0,81
ベトナム  0,74
タイ    0,71
台湾    0,60
韓国    0,45
アジア   0,41
中国    0,22"
出典視点・論点 「中国食品の安全性」 | 視点・論点 | 解説委員室:NHK

日本向けに輸出される中国産食品の多くは「日本企業が自ら生産を管理している」

「中国から日本向けに輸出されている野菜の多くは日本企業が管理する農場もしくは契約農家で栽培されたもの」

1