1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

990年代初頭、慰安婦の聞き取り調査を担当したソウル大学名誉教授の安秉直氏が、今年1月、ジャーナリスト・大高未貴氏のインタビューに答えた際の動画の一部を、「週刊文春デジタル」が公開する。

 インタビューをした大高氏は、今春、その内容を「週刊文春」(4月10日号)で公表。安氏は元慰安婦証言の信憑性について「全然ダメ」などと述べたことを明かした。大高氏は記事で、安氏が「実質的な“調査失敗”を認めた」と結論付けた。

 だが、このたび「週刊金曜日」(9月12日号)が反論記事を掲載。その中で、安氏は「そもそもこういう趣旨の発言をしていない」とインタビューの内容自体を否定し、「調査の苦労話や問題点を語っただけで、『実質的な”調査失敗”』を認めただなんてまったくの捏造です」と述べている。

そのことを理由とした「慰安婦問題は捏造」という主張や「元慰安婦に謝る理由はない」

被害者を「売春婦」などとおとしめることで自国の名誉を守ろうとする一部の論調が、日韓両国のナショナリズムを刺激し、問題をこじらせる原因を作っている

、いわれなき暴力など女性の名誉と尊厳に関わる諸問題にも積極的に取り組んでいかなければならないと考えております

1