1. まとめトップ

知ってるようで全然知らない、紅茶の種類。これだけ覚えれば恥ずかしくない!

紅茶の種類ってたくさんあって、何がなんだかわからない!っていう人のために、これだけ知っていれば恥ずかしくない!ものをまとめました。

更新日: 2014年08月05日

18 お気に入り 1817 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mari0725さん

紅茶ってたくさん種類があって、よくわからないですよね。。。

紅茶チョコレートのタルトに合わせてミルクティーをいただきたいと言ったらすすめられた紅茶、ストレートでも素晴らしく美味しい。しかし名前がわからない。

MARIAGE FRÈRESでお茶しました~♪ 紅茶の種類が多すぎて…名前も難しくて緊張したwwwおいしく優雅な時間を過ごせました( •ॢ◡-ॢ)-♡ pic.twitter.com/7gJykYcm

まずは基本のストレートから。

ダージリン (Darjeeling)

ストレートティー向き/マスカットフレーバーと呼ばれる独特の香りが特徴、専門店では茶園ごとに売られています。

産地:北インド
水色:オレンジ色

アッサム (Assam)

ミルクティーに最適/タンニンが多い。くせが少なく芳醇な香り

産地:北インド
水色:澄んだ濃いめの紅色

お次はフレーバー。

アールグレイ (Earl Grey)

ストレートティー・アイスティー
ベルガモット(柑橘系)の香り。一番有名なフレバリーティー

産地:中国・セイロンなど
水色:濃いオレンジ色

アップル (Apple)

ストレートティー・アイスティー
名前の通りリンゴの香り

産地:中国・セイロン
水色:オレンジ色

そしてブレンド。

イングリッシュブレックファースト

ミルクティー向き
モーニングティー用に作られたブレンド。渋みが特徴

茶葉 インド・セイロン
水色:濃い紅色

ロイヤルブレンド

ミルクティー向き/ブレンドの割合はメーカーによって様々

茶葉 インド・セイロンなど多種
水色:濃いめの茶色

オレンジペコー

製品ごとによって様々/グレードのOPと間違われやすいが、こちらはブレンドの名称

茶葉 セイロン産の多種
水色:明るいオレンジ色が大半

ブレンドティーに関しては各メーカーごとばらばらです。これらの他にも無数のブレンドが存在します。

1