1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

gfrgehyydaさん

オナニーしてもテストステロンは増えません。

Google翻訳さんに頼んでみました

3週間禁欲以下の健康な男性でのマスターベーションによって誘発されるオーガズムに内分泌応答


・・・・・・・(´・ω・`)

わかりやすく言うと
オナニーによる男性ホルモンの増加は見られず
適度なオナ禁によって男性ホルモンの値が高まった

この論文によると


1.射精することによってテストステロン濃度が変化することはなかった

2.禁欲することでテストステロン濃度は増加した(禁欲期間は3週間)

オナニーしすぎの方はむしろ男性ホルモンが低下している状態なのです。

オナニーはやりすぎると体に悪いとか言われますが、果たして何回までやってもいいのでしょうか?

女性はともかく、男性は射精がかなりの疲労を招きます。女性はこの回数を特に気にすることもないでしょうが、男性はやはり射精がこたえます。

オナニーによる疲労の蓄積と射精しすぎによる精巣内の精子の減少

最近、若い時に比べて疲労がとれないと感じる事がありませんか?
40歳以降の中高年に見受けられる男性ホルモンの減少、男性の更年期障害かも知れません。

男性の更年期障害は、テストステロンの低下が原因です。
テストステロンが低下すると、内臓脂肪が貯まり易くなり、メタボの原因にも、そしてストレス耐性が手介してうつ症状が現れやすくなったりと、性機能の障害だけにとどまらず幅広い問題を起こします。

出典http://疲労の回復.com/category/%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AD%E3%83%B3

しかし禁欲のしすぎも男性ホルモンの低下につながる(可能性あり)

勃起不全(ぼっきふぜん、英: Erectile Dysfunction; ED)は、男性の性機能障害(Sexual Dysfunction; SD)の一種であり、陰茎の勃起の発現あるいは維持のできないために満足に性交の行えない状態[1]、または性交時に有効な勃起が得られないため満足な性交が得られない状態、通常性交のチャンスの75%以上で性交が行えない状態[2]である。勃起機能障害、勃起障害、より一般的には陰萎、(性的)不能などとも呼ばれる

オナ禁に関する研究論文がまったくなくなんともいえない状況である、

ちなみに男性ホルモンというのは
性行為だけではなく何か危険な場面に出くわして興奮したり
女性と会話したり何か妄想することでも分泌量は増えます。

よく男性ホルモンに関する勘違い 男性ホルモン=ハゲる   これは大嘘

男性ホルモンにはいくつか種類がある それを上げていこう

アンドロゲン

androgen
男性ホルモン、雄性ホルモンとも呼ばれています。
アンドロゲンはステロイドの一種でテストステロンなどの男性ホルモンもアンドロゲンに含まれます。

テストステロン

Testosterone
化学式はC19H28O2。男性ホルモンでアンドロゲンの一種です。
体内の精巣や副腎、卵巣で生成され、成人で一日約7mgを分泌すると言われています。
分泌量は20代でピークとなり、それ以降は現象していきます。分泌量が減ることが更年期障害の原因とも考えられています。

ジヒドロテストステロン

Dihydrotestosterone(DHT)
化学式はC19H30O2。
テストステロンが前立腺、睾丸、卵巣、肝臓などの臓器の5αリダクターゼの影響をうけることで、ジヒドロテストステロンに変化します。
ジヒドロテストステロンの影響で性欲の減退や男性型の脱毛症になると考えられています。

デヒドロエピアンドロステロン

Dehydroepiandrosterone(DHEA)
化学式はC19H28O2
副腎、性腺で生成される男性ホルモンの一種で、前立腺細胞内の40%がデヒドロエピアンドロステロンだといわれています。
デヒドロエピアンドロステロンは老化を止めたり、循環器病、糖尿病、高コレステロール症、肥満、合併性硬化症、パーキンソン病、アルツハイマー症、免疫不全症、うつ病、骨粗鬆症 などの様々な症状に効果が有るとされています。しかし、立腺癌や乳癌のリスクが高まったり、男性は胸が膨らむ、女性は毛深くなるなどの副作用もあります。

アンドロステロン

Androsterone
化学式はC19H30O2
睾丸からのテストステロンと、副腎からのデヒドロエピアンドロステロンとアンドロステンジオンが5αリダクターゼの影響をうけることでアンドロステロンに変化します。

アンドロステンジオン

Androstenedione
化学式はC19H26O2
副腎、性腺から生成されるテストステロン、エストロン、エストラジオールの中間生産物です。
以前はサプリメントとしても使われている物質でした。なお、男性は胸が膨らむ、女性は毛深くなるなどの副作用もあります。

性腺刺激ホルモン放出ホルモン

1 2