信用情報のキズやブラックリストとは、ローン、クレジットなどで「長期延滞したり、債務整理(自己破産・個人再生)したり、代位弁済(保証会社の返済)を行った」時に記録される「事故情報」のことです。

どこの情報機関にも延滞者や債務整理者など、問題がある人の情報が記録されます。これがいわゆるブラックリストと呼ばれるもので、正確には異動情報と呼ばれるようです。

確かに、信用情報にキズがあると、ローンの審査やキャッシングの審査に落ちる可能性が高くなります。しかし、これは、延滞や債務整理などをした人で、キャッシングを利用するだけで、傷が付くことはありません。

※携帯機種代金の分割や、テレビショッピングの分割払いなども信用情報になりますので、長期延滞していると事故情報が記録されます。

出典キャッシングを利用すると信用情報に傷が付きローンの審査に通らなくなるという話 | はじめてキャッシング

前へ

この情報が含まれているまとめはこちら

キャッシングをすると信用に傷がつくのか?

お金が急に必要になったときにクレジットカードについてるキャッシング機能を利用するとその履歴はローン審査に影響してしまうのでしょうか?信用情報とキャッシング利用の信用についてまとめました。

このまとめを見る