1. まとめトップ

【結婚式のご祝儀】新札が準備出来なかったときの新札入手方法

目出度い結婚式。慣習として新札を包みますよね。しかし、何らかの事情で新札が準備できなかったときもありますよね。ここでは、どのように診察を入手すれば良いかお伝えします。

更新日: 2014年08月07日

4 お気に入り 6704 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hirokysoundさん

結婚式のご祝儀は新札の準備を

ご祝儀に入れるお札は、「新しい門出をお祝いする」という意味を込めて新札を用意するのがマナーです。

「4」「9」のつく数字は避けましょう

お祝いごとには使ってはいけない数字があります。「4」「9」のつく金額は、「死」「苦」を連想させるため、絶対に使用してはいけません。また、偶数は「割れる」「別れる」を意味するため縁起が悪いとされてきました。しかし、最近は「2」=「夫婦」「ペア」と考えられるようになり、問題はありません。

もし新札が準備できなかった場合はどうするの??

①銀行

【知識】各行ともに概ね平日15:00まで営業している。

営業時間内に窓口にて「両替」を依頼する。

「両替」の場合、ほとんどの確率で新札で両替してくれます。

両替用紙に記入して依頼すると、古いお札を新札(新券)に換えてくれます。ただし、枚数によっては手数料がかかる場合も(20枚までなら無料、等)。最寄りの金融機関で確認してください。

窓口での依頼が面倒であれば「両替機」にて両替を実施すればよい

各行、営業店舗のあるATM機のそばに「両替機」が設置されています。
こちらも平日の時間帯のみ利用可能です。

②コンビニのATM

コンビニATMでの「両替」は基本的に対応できていないため、
「引き出し」実施により新札を入手する。

ただ、銀行ほどの確実性は低いです。

③結婚式の式場

ホテルなら、フロントで両替が可能な場合があります。結婚式場でも用意していることもありますので、当日、もしくは前日などに電話で確認してお願いしておくのもよいでしょう。

④シワの少ないお札をアイロンにかける

もう本当にどうしようも出来ないときの荒業かなと…

【注意事項】銀行は日曜日21:00以降の取引が出来ない

多くの銀行では日曜日21:00以降「預け入れ」「引き出し」等が出来なくなります。

詳細は各行HPをご確認ください。

1