1. まとめトップ

女優、小林聡美の人から好かれる魅力とは?!!演技力だけでなくエッセイも  多彩な芸能人

女優、小林聡美さんは幅広い世代にファンを持つ女優さんですよね。演技力はもちろん、エッセイもおもしろい。そんな彼女の魅力に迫ります。

更新日: 2014年08月07日

15 お気に入り 34446 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

1979年、中学2年の時に武田鉄矢主演のドラマ『3年B組金八先生』のオーディションに合格し、生徒役でデビュー。 1982年、大林宣彦監督の映画『転校生』で主演に抜擢され、同作で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。

1988年、フジテレビの深夜ドラマ『やっぱり猫が好き』の三女・きみえ役を演じる。これがきっかけで1995年に三谷幸喜と結婚。

2011年5月23日、夫・三谷幸喜と離婚したことを連名のファックスで報告した。

離婚後、三谷幸喜が思わず妻の名を?!

小林聡美の魅力とは

私の方が遥かに年上にも関わらず、優しく包み込まれる、すべてを許してもらえるような雰囲気を感じさせる女性。菩薩というか、観音様というか、彼女の“母性”、“包容力”のなせるワザなんだろうか。もちろん実物を知る由もなし、話した事も見かけた事もない。あくまでもこの「東京オアシス」にいたる5本の映画を観て、私の心の中にジワジワとふくらんでいった感覚なのだ。

小林さんは私が求めている以上のものを出してくれる女優。時折こちらが想像もしていなかった表情を見せることがあり、改めてこの人は天才なんだと実感しました」と大絶賛。

・さっぱり、さばさばしていそう
・てきぱき事をすすめてくれそう
・男の人に媚びてない感じ
・等身大の魅力で友達になったら楽しそう
・実は英語も堪能で文才もあり、お肌も綺麗
・旦那に三谷幸喜を選んだところ

小林聡美さんへのインタビューから

キャリアが長いですが、女優をやっていて良かったと思う瞬間はどんな時ですか?

「仕事ってどの仕事も大変だと思うんです。でも、大変な中で、働いている人たちが映画を見て、ちょっと気が晴れたり、いい気持ちになったという話を聞くと、役に立って良かったなと思います」

小林さんはエッセイなどの執筆もされていますが、物を書くことは好きですか?

「書くのはあまり好きじゃないんです。乱暴というか、ヤケクソな私が一番出ているのが書く作業なんです。基本的には、誰も読まないって想いで開き直って書いています。もともと自分のことを人に話すのがあまり得意じゃないので、本当はしたくないんです。だから、ブログとかをやっている人が信じられない。あんなに自分のことを報告してどうするんだろうと思って。だから書きたくないんですが、でも、周りを固められて、やらなくてはいけないような状況に追い込まれるんです。ちなみに、自分が書いたものは二度と読まないです。やり逃げ状態ですよ(笑)」

最近の映画出演作

かもめ食堂

出演者が織り成す雰囲気、BGM、インテリア、洋服、食、フィンランドの風景
そして俳優陣、全てが素敵で癒されます。

めがね

プール

マザーウォーター

東京オアシス

1 2