1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

ビジネスシーンで使われる「定量的」「定性的」とはどういう意味?

「定量的に進捗報告をしなさい」。このビジネスシーンで上司が部下に対してよく使う「定量的」、そして「定性的」という言葉。特にIT業界で用いられることが多いようです。もし上司に「定量的に~」と言われたら、どのように対応していけばよいのでしょうか?

更新日: 2016年02月12日

springspringさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
565 お気に入り 595892 view
お気に入り追加

-上司にこんなこと言われた人いませんか?

上司「下期の目標を定量的に考えてこい。」

定量的?

目標は、出来るだけ定量的なものにしろ と上司から教わった。

定量的…。

上司botは、作るの簡単そうだなぁ~「定量的に」、「~の根拠は?」、「アウトプットは?」の類を10個も用意するだけで作れるだろう ;)

特にIT業界で上司がよく使う「定量的」という言葉。

IT業界にいると、日常会話の中でも「定量的」とか「定性的」といった物言いがポンポン出てくる

-そんな「定量的」ってどんな意味?

ちなみに辞書的な意味は…・

《「定量的」の辞書的意味》
対象の状態を連続する数値の変化に着目してとらえること

ビジネスシーンで「客観的」「具体的」と同義で利用される

「客観的」「具体的」と言うよりも「定量的」と言った方がカッコいいからよく用いられるという説もある。

-一方で「定性的」の意味は…

定性的とは数字であらわすことのできないこと

「売れない」「売れた」という表現も定性的表現とされる。

-というわけで「定量的に~」と言われたらどうすればいいか

基本的には具体的な数値を示せばよい。

上司に売上の報告をするときは、「売れない」という「定性的」な報告ではなく、「¥000(昨年比○○%)」という具体的な「定量的」報告をする

《「定量的」な表現の例》

「○グラムのウィルスがまかれたとしたら、その後○時間以内に○○万人が感染、○時間以内に感染者のうち○%が発症する可能性が○%あります。発症した人のうち○%が○度以上の高熱を出し、○%が○日以内に死亡するでしょう。」

http://news.mynavi.jp/column/system/002/

ビジネスで「定量的」と言うと、対象の状態を連続する数値の変化に着目してとらえることを指す

単に数字を羅列するだけでなく、前日や前週など比較対象を踏まえたうえで「どの程度の変化があるか」を示す。

上司に対し報告や進捗を示す際には、「定量的に」行うように努めましょう

-参考

1







  • 話題の動画をまとめよう