1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

hiiro0517さん

▼こんなツイートが話題に

これ読んで森永ラムネ食べながらお酒飲んだら本当に酔いが薄かったから人体スゲーと思った/ラムネ菓子があなたの大脳をブーストし、あなたを二日酔いから立ち直らせ、最悪だったあなたの酒癖を改善する rate.livedoor.biz/archives/51030… pic.twitter.com/WRjWSMvD9m

▼URLが書いてあるブログ記事を要約すると…

実はしばらく前まで、前日少し飲み過ぎると翌日マシンと化す私のパフォーマンスが低下することが多かった。

特にひどいときなど脳がアルコール漬けになっているようにすら感じられた。しかし、そういう日はどんなに運動しても、どんなにサウナで汗を流してもアルコールが抜けたようには感じられない。

脳のエネルギー源となるのは、ブドウ糖だけだと言われている。そして、アルコールの分解にもブドウ糖が消費される。

ブドウ糖をダイレクトに含んでいる食品が必要だった。少し心当たりがあったので、コンビニでアレを探した。

たしかに、原材料名筆頭にぶどう糖と書いてある。ほかに、タピオカでん粉、ミルクカルシウム、酸味料、乳化剤、香料(原材料の一部にゼラチンを含む)

その日からラムネ菓子は私にとって必需品となった。コンビニのうち2軒に1軒には、上の「森永ラムネ」が常備されている。コンビニでの価格はだいたい一本80円弱と手頃。しかも、これが1日に1本あるだけで、大違い。

▼実際にラムネ菓子を食べることでどのような効果と利点があったかというと…

/
・飲み過ぎた翌日に数粒食べるだけで、急に頭が冴え始める。

・睡魔や倦怠感に襲われているときにも、数粒食べると脳が活性化して意欲が湧いてくる。夜を徹して頭脳労働をしている人や、受験生にはぜひともお勧めしたい。

・筆者は空腹感に強い方なのだが、たまにものすごく腹が減ることもある。そんなときは、やはり数粒食べるだけで空腹感が一気に消える。

・そして、酒飲みにとっての最強の秘策 ― 酒のつまみとしてラムネを1粒ずつちまちま食べるだけで悪酔い・二日酔いを防止できる。

酒癖の悪い人には特にお勧めである。というのも酒を飲んで極端に機嫌が悪くなる人は、脳がかなりのブドウ糖不足に陥っているという研究結果を以前に読んだことがあるからだ。人間は脳に供給されるブドウ糖が不足すると理性的な判断ができなくなる。(アルコールの分解のためにブドウ糖が大量に消費される)。

・驚きの低カロリー ― 「森永ラムネ」1本あたり、100キロカロリーしかない。1日あたり1本だけでも上記のような効果が得られるのに、そのカロリーはわずか100キロカロリーである。

▼いいことだらけ! Twitterでも反響がなかなかすごい

問題はお店でラムネ食べながらお酒飲んでいいかって事だがどうなんだ?やっぱりだめ?たまにはお酒を3杯くらい飲んでみたいんです

マジか。翌日予定ある時たまに酒飲む前にコンビニでウコン飲んでたけどこれからはラムネにしよ

ラムネ……ほんとに効くんでしょうか。酒は滅多にのまないし、甘いカクテルばかりなので試せませんー。ほんとかなー

酒飲み友達との挨拶ではラムネを渡し合う文化生まれるで…

試しにブドウ糖買って来たけど騙されてる感が少しある みのもんたがココアとかバナナとか特集したら翌日スーパーで売り切れてたみたいな でも3月のライオンでも脳にブドウ糖いいって言ってたし

森永ラムネ(=ブドウ糖)が酔いからの回復に効果的って話なので試してみてる。発泡酒一本ではそもそもひどく酔ったり翌日に残ったりはしなさそうだけど

酒は飲まないが睡魔や倦怠感、空腹は心当たりがあるのでよしラムネを買おう

▼それと、注意点

ともあれ、いくら効果があるからと言ってラムネ菓子を大量に食べるのは健康に良くない。最悪の場合、糖尿病になるおそれがある。ただ、ブドウ糖はダイレクトに吸収されて脳に供給されるから、普通は少し食べるだけでも満足感が得られるはず。しかも、100グラム食べたところで370キロカロリーくらいしかない。(とはいえ、いくらカロリーが低いからと言って、短時間で平らげるのも急激に血糖値を上げる結果になるから絶対に避けるべきだろう)。

1