1. まとめトップ

【18mm以下】超広角レンズの画角比較【非魚眼】

16mm以下の周辺歪曲がない非魚眼広角レンズの画角を比較してみました。

更新日: 2014年08月13日

5 お気に入り 19433 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

主に18mm以下の非魚眼広角レンズの画像を比較してみました。レンズ選びの参考にどうぞ。

18mm

被写体に接近しなければ比較的肉眼に近い違和感のない広角画域を得られる。ちなみに人間の視野は180度~あると言われますが、形や色を認識し記憶できるのは90~60度(18mm〜28mm)らしいです。

16mm

CarlZeiss Hologon 16mm F8.0

16mmはギリギリ周辺歪曲を感じさせずに最大限の広角を得られる画角に思える。

14mm

レンズによって周辺解像度に差が出やすい。周辺歪曲はかなり顕著に現れシーンによっては実用で使うのが難しくなってくる。

12mm

SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM

SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM

LEICA M9 ULTRA WIDE HELIAR12mmF5.6

レンズによっては周辺解像度に差があり、シーンによっては歪みが顕著になる印象。歪曲ありきを逆手に取った特殊なシーンでしか使えない。難しい画角に思える。

1