1. まとめトップ

真夏にプロレスなんかして大丈夫? 西武ドームの暑さ事情まとめ

暑いことで有名な西武ドームで、今年の8月10日に新日本プロレス『G1 CLIMAX』開催が決定!熱中症対策は大丈夫なのでしょうか?

更新日: 2016年09月21日

0 お気に入り 10598 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

3takuさん

例年両国国技館で行われる新日本プロレスの夏の祭典『G1 CLIMAX』が、今年は西武ドームで行われることが発表

8月10日 『G1 CLIMAX』決勝戦がなんと新日本プロレス史上初となる埼玉・西武ドームで行われることが電撃発表された。

この発表に、西武ドームの事情を知る者から熱中症の心配をする声が多数あがる。

今年の夏、新日本プロレスがG1クライマックスの決勝戦を西武ドームで開催することになりましたが、選手は熱中症とかにならないのでしょうか?

ヤフー知恵袋で、選手の熱中症について聞くプロレスファンもいる模様。

近年の暑さは特別なモノがありますので、熱中症対策も考えてますし、来場者にも丁寧な告知を心がけてきています。

新日本プロレスの社長は、インタビューで熱中症対策も考えていると発言。

西武ドームの設備

西武ドームには空調がなく、ドームという名前ですが客席とグラウンドに屋根があるだけで、東京ドームのような密閉された空間ではありません。

そもそも密閉空間ではなく、空調設備自体ありません。

ソフトバンク秋山幸二監督は「空気が止まってるのがよくない。ドームに穴を開ければいい。風の通りがよくなる」と形状が独特な自然一体型ドームに、無理難題の注文をつけた

中途半端に密閉されているため、風の通りが悪く熱がこもりやすいようです。

強制的に換気を行う設備が設けられていないことから、降水時には湿気がこもり、時にはフィールド内に霧が立ち込める。

湿度が高いと霧まで発生するらしいです。

夏場の西武ドーム

暑さが厳しいことから、他の全天候型のドームと異なり、夏場にはデーゲームを開催をしていない。

あまりの暑さのため、デーゲームは行われていません。

13日の西武戦(西武ドーム)で「軽度の熱中症」のため、途中交代したオリックス・糸井

西武ライオンズの糸井選手は熱中症で途中退場する事態に・・・

金子侑が右中間を破る逆転の2点三塁打。しかし、試合後のお立ち台に姿はなかった。「二塁を回ったところから足の感覚がなかった。暑くてフラッときた」と9回守備から交代。

あまりの暑さに熱中症で倒れる選手は続出している模様。

一昨年9月に西武ドームでデイゲームを観戦した翌日に吐き気と頭痛で寝込みました。

観戦客も注意が必要とのこと。

西武ドームでのコンサートの裏側では、前田、大島らが熱中症と過呼吸と戦う姿も収められている。

AKB48のコンサートでは、何人ものメンバーが熱中症で倒れています。

8月10日の天気

強い台風11号が沖縄の南をゆっくりと北上中。台風の影響で週末からは全国的に荒れた天気になる恐れがあります。

どうやら8月10日は台風の影響で雨となり気温はそこまで高くならないようです。
というより、台風の影響による暴風雨の方が心配されます。

▼関連記事

※当記事は2014年8月7日に作成したものです。

1