1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

satou333さん

スクールカースト

学校空間において生徒の間に自然発生する人気の度合いを表す序列を、カースト制度のような身分制度になぞらえた表現。

中高生にとっては、「一緒にいて面白いこと」「外見的魅力に優れていること」「運動能力が高いこと」が至上の価値を持ちやすいため、スクールカースト上位層は、自然とそういった者で占められることになる。

第一階層

■ジョック

いわゆる体育会系にしてスクールカーストの最高峰。大体はその学校で最も影響力のある運動部(アメリカならアメフト部、日本なら野球部)に所属している者が該当する。その中でも部長やキャプテン、最も運動能力に優れた者が学校で最も強い権力を持つ。

アメリカ合衆国の社会とりわけ学校社会のヒエラルキー(学校内序列)の頂点に位置するジョックは、対概念たるナードとともに、米国の社会および文化の象徴の一として語られもする。

■クイーンビー

直訳では『女王蜂』、意訳では『学園女王』。溢れるカリスマと美貌。多くの場合チアリーダーの、稀に演劇部の最上位。総称クイーンズ(Queens)。

ミーン・ガール(イジワル女)やヴァレー・ガール(セレブでアタマのワルいお嬢様)を兼ねている場合もある。

第二階層

■サイドキックス

いわゆる「取り巻き」である。ジョックやクイーンビーが何人も引き連れ、パシリに使う事が多い。それに甘んじることなく地位の上昇を狙う野心家は「ワナビー」として区別される。

■プリーザー

女子の場合はクイーン・ビーおよびサイドキックスの取り巻きで、取り巻きながらねだること(Please)もできる立場。男子の場合は、下の立場の者へのたかり(Please)を活発に行う、ジョックの子分。

■ワナビー

クイーン・ビーおよびサイドキックスの取り巻きで、取り巻きながらも立場の上昇―サイドキックスになること―を夢見る(Wanna be)立場。

第三階層

■メッセンジャー

■プレップス

文化系の上澄み、ボンボン。プレッピー(Preppy)とも。予備校(Prep school)から。

■スラッカー

1 2