1. まとめトップ
  2. カラダ

太らない食べ方!ダイエット効果をアップさせる「食事のコツ」

食べたい物を食べてストレスなく効果的に痩せる為には…ひと工夫することが大事♪食べ過ぎを防ぎ、痩せやすい体を作っていきましょう。

更新日: 2014年10月10日

rii8saさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
952 お気に入り 134151 view
お気に入り追加

食べる時の"ひと工夫"が大事!

ちょっと気をつけるだけで、ダイエット効果があるならやってみるべき!

■ 食前に2杯の水を飲む

ダイエットに水分を摂ることが大事なのはご存知ですね♪
水を飲むことで新陳代謝が上がり、老廃物がスムーズに排出されます。

約3ヶ月間実験した結果明らかになったもので、水を飲まなかったグループよりも水を毎食事前に飲んだグループの方が5ポンド(約2.2キロ)ほど体重が減少したそうです。

さらにこの水を飲む習慣を続けたところ、1年が経過した時点でもリバウンドすることなく体重をそのまま維持できたとのこと。

■ 食事中はなるべく水を飲まない

食事中がぶがぶ水を飲んでいませんか?それ太る原因かも!

水を飲むことで、消化に必要な胃酸が薄まってしまい、満腹感を得るためにも重要な咀嚼(そしゃく)回数が減ってしまうことに。

できれば食事中には、汁物以外にお水やお茶などを飲まないほうがいいのですが、飲む場合でもコップ1杯程度にセーブするといいでしょう。

■ ながら食べはNG!

食べる時は食べることに集中しましょう!

せっかく食べてても、テレビや映画を見ながら、何かをしながらの食事だと、お腹は膨らんでも、目や鼻、舌、歯から入ってくる情報が少ない分、脳が感じる満腹感が半減しちゃうんです。

■ 血糖値が下がる「6~7時」「10~11時」「16~17時」の間に食事を済ませる

「血糖値が下がる時間帯」に食事を済ませるのが、ダイエット成功の道!?

カラダは『体内時計』のリズムにあわせて、活動と休憩を繰り返しています。 活動してる時に食べると消費しやすく、 逆に休憩しているときに食べると、 脂肪となり、太りやすくなっちゃうのです

血糖値が下がるタイミングに合わせて食事をすると、 消化がスムーズになり、脳もカラダもすぐに活性化します。

1





rii8saさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう