1. まとめトップ

マクドナルドの肉が上海の腐った肉だった!「薬を使った肉」のマクドナルド危険性

マクドナルドの肉が上海の腐った肉を使っていたという事がニュースで話題になっています。上海の腐った肉だけが問題ではなくて、養鶏場で薬漬けにした激安の肉を使っていたと言う事も明らかになっています。健康意識の高まりもあって、マクドナルドに行く人が減少中です。

更新日: 2015年08月09日

0 お気に入り 109204 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

マクドナルドの利用していた中国の腐った肉

使用期限が7ヶ月も過ぎたカビの生えた肉を利用していました。

日本マクドナルドは22日、中国の食品会社が消費期限切れの鶏肉を使用していた問題で、国内で使用する「チキンマックナゲット」の約2割を同社から輸入していたと発表

私も昔はよく利用していたファーストフードの一つである。今は全くといいほど食べない。それはマクドナルドの提供するものが危険だからだ。

「これは腐った肉だ」と、平然と回答している工場で働く人。

海外のマクドナルドのチキンナゲットの成分を分析したところ、マクドナルドのチキンナゲットの成分は5割しか鶏肉は使われていないそうだ。

安全かどうかは知らないがアメリカなどでは動物の屑肉でも飼料などとして利用する国なのでなんでもありなのかもしれない。

中国の薬漬け養鶏場がヤバい

中国の養鶏場では、鶏を薬で育てるのが当たり前になっています。

「陽が差さないウィンドレス鶏舎と、一坪当たり四十羽が適正とされるスペースに、百羽近く飼うような金儲け一辺倒の養鶏」で「鶏はすぐに病気になる」

マクドナルドのチキンナゲットは、腐った肉が含まれていると言う事が報道されたので、口にしない方が良いでしょう。

腐らないマクドナルドのハンバーガー

マクドナルドのハンバーガーは、食品添加物が大量に入っているので、腐らないハンバーガーとして有名です。

マクドナルドのポテトなんて、2週間放置しても色も形も変わらないそうです。ハンバーガーのパンも肉も腐らないという状況で、添加物たっぷりという訳です。

ケンタッキーが遺伝子組み換えと聞いてから、ケンタッキーも食べていないし、ファストフード店では、極力食べない

マクドナルドのポテトを食らう人々

出典irorio.jp

添加物入りのマクドナルドのポテトを大量に食べると、病気になるとされています。

子供のうちから不健康なマクドナルド食品を口にしていると、こんな感じになります。

アメリカやヨーロッパで問題化された事情には、毎日のように何個ものバーガーを食べ続けるハードユーザーが少なくないという背景があるからです。

自分で食べるという場合や子供に食べさせるのであればそれは個人の自由だが、お勧めできる方法ではないとは言っておく。

マクドナルドの食品を食べていても即体に危害が出るというものではない。ただ何十年と食べ続けると何かしらガタが出る可能性が無いとはいえない。この場合、因果関係を立証することは困難だ。

マクドナルド30日生活

マクドナルドとの関係は判りませんが、やる気が起きません。話をするのもイヤなので会社では黙ってます。スーツを着た引きこもりと言えるかも知れません。精神的にはかなり引きこもりな心意気です。

ダブルマックグランの肉を噛むと、ジワッと油が口に広がります。これ、絶対肉汁とか言う汁ではありません。ア・ブ・ラ、です。

ハンバーガーを食べ続ける実験

ファストフードを1日3食1ヶ月間食べ続けた記録です。最後にドクターストップがかかります。

一日三食、ハンバーガーばかりを食べ続けた結果どうなったのでしょうか?医者も太鼓判を押したモーガン・スパーロック氏の健康体は、五日目で4.2kg増に。168だった総コレステロール値は、18日目には225に。

彼の身におこる身体的・精神的な影響について記録している。さらに、スパーロックはファストフード業界の社会的な影響を調査し、この業界が利益のために栄養を犠牲にしていることを明らかにした。

30日後、体重は11キロ増え、体脂肪率は18%になり、体格指数も27(アメリカ基準では「標準以上」)、躁うつ、性欲減退、かなり深刻な肝臓の炎症を起こした。

1 2