出典 www.fsoft.co.jp

甲木のイメージ

甲木は山や大地に聳え立つ大木(樹木)とみます。
大きく育った大木は庚金(斧)を用いて伐採し、役に立つ棟梁の材と成すことです。(家の棟..むね、梁..はり)のことです
庚金の斧が良く切れるようにするには丁火で焼きを入れて鋼をいれます。
日主が甲木の場合は「庚と丁」がある事が看命の基本になります。

この情報が含まれているまとめはこちら

【十干】甲(きのえ)の特徴まとめ【四柱推命】

四柱推命の「十干(じっかん)」(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)は、「万物は木・火・土・金・水の5元素からなる」という古代中国の考え方に基づき、人間の精神を5つの元素に分類し、さらに陰陽で分けたものです。

このまとめを見る