出典 www.fsoft.co.jp

乙木のイメージ

乙木は田園に咲く優しい草花又はつる草とみます。
乙木が育つためには適度な太陽の火(丙)と天然の雨水(癸)が必要です。
乙木はいくら集まっても天に向かって伸びることはありません。天に向かって伸びるためには甲木に巻き付いて伸びる必要があります。
これを藤蘿繋甲(とうらけいこう)と言います。
日主が乙木の場合は「丙と癸」これが看命の基本になります。

この情報が含まれているまとめはこちら

【十干】乙(きのと)の特徴まとめ【四柱推命】

四柱推命の「十干(じっかん)」(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)は、「万物は木・火・土・金・水の5元素からなる」という古代中国の考え方に基づき、人間の精神を5つの元素に分類し、さらに陰陽で分けたものです。こちらは乙(きのと)です。

このまとめを見る