1. まとめトップ

疲れ目も肩こりもすっきり解消!【セルフマッサージのやり方】

マッサージに行ってもすぐ辛くなる肩こり、疲れ目は毎日のセルフケアが重要です。自分でマッサージして解消しよう!

更新日: 2017年09月16日

90 お気に入り 235363 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mimaniさん

▼肩こりにはセルフマッサージがおススメ

肩こりは毎日、自分でできることでケアすることでかなり軽減できます。

その日の疲れはその日のうちに!辛い頭痛や吐き気が起きる前に自分でケアしましょう。

▼まずは頭皮をほぐそう

指の平で円を描くようにゆっくり、じんわりと押さえます。

力加減は気持ちの良い程度に、髪をかき上げて頭皮を直接刺激しましょう。

両手の親指根元部分をこめかみに当て、
耳の後ろに沿って押す→そのまま少し上→こめかみに戻る。

疲れ目が解消して頭がスッキリします。

▼首こり解消マッサージ

首の後ろを、上、中、下と左右で三カ所マッサージしていく。
右側は左手、左側は右手で行う。1カ所5回ずつマッサージしていく。

一ヶ所5回程度、少しずつ位置を下げながら、鎖骨下リンパ本幹部分[E]まで。ゆっくりと呼吸をしながら心地よさを感じます。

回すように優しくプッシュします。

1、右手を右耳の後ろにあて、鎖骨に向かってさする。左側も同様に。
2、左手を右鎖骨の上に置き、肩先から鎖骨中央に向かって、鎖骨の上をさする。左側も同様に
3、最後に左手を右の鎖骨中央からわきの下に向かって鎖骨の下をさする。左側も同様に

鎖骨にはリンパのポケットがあります。集めたリンパを流すように行いましょう。

▼肩こり解消マッサージ

ツボの位置はそれほど厳密にこだわる必要はありません。近い位置で刺激に敏感な部分があればほぼ間違いないでしょう。

マッサージグッズを使ったり、ドライヤーなどで温めるのも効果的です。

手のひら全体を使って、背中の肩甲骨の位置から鎖骨の前面まで、一気に撫でながら流す。

手が届かない場合は届くところからで大丈夫です。

▼最後に腕をマッサージ

わきの下に4本の指をあて、下からつかむようにゆっくり息を吐きながら5秒かけておす。
次に、腕の外側を手首からわきの下まで手のひらでさすりあげる。

わきの下のリンパまでしっかり流すのがポイント!

▼動画を見ながら実践しよう

1