1. まとめトップ

【自衛隊自殺者続出】防衛大が今でも旧日本軍だった事実!いじめセクハラが横行

防衛大や自衛隊で自殺者が続出しています。そこにあるのは、陰湿な「いじめ」であって、いじめが原因で年間100人もの人が死亡しているという事です。一部の政治家が「徴兵制復活」などを議論していますが、こんないじめ体質のところに国民を巻き込もうなんて、醜いですね。自殺者も増加しています。

更新日: 2019年06月16日

19 お気に入り 267194 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

自衛隊の暴力行為がやばい!自殺者が年間100名

自衛隊はモラルを学んだり、精神修養するための学校ではないということです。むしろ、旧日本軍の悪しき軍隊いじめの伝統を受け継いだ、体育会系的パワーハラスメントの構造に支配された世界です。

言葉の暴力は当たり前、パシリ当然、殴られたり、蹴られたりもたまにある。ひどい場合になると、金品を要求されて奪われることもあります(実話)。

海上自衛隊でいじめ自殺に追い込まれた被害者が出て、そのいじめについての調査文書が隠されていることを告発したら、いじめの加害者ではなくていじめの告発者が懲戒の対象になっているという

狭い空間で横行しているいじめ

狭い館内の中で陰湿ないじめが日常的に行われていました。

横浜地方裁判所横須賀支部刑事部は、「いじめは艦内では日常茶飯事、常習的で、本件は氷山の一角」「暴行を苦にしたとみられる隊員が自殺したのをどう償うのか」と、海自と二曹の「行為」を認定した。

2004年10月、海上自衛隊横須賀基地の護衛艦「たちかぜ」の電測員が鉄道自殺した。03年に入隊したこの隊員は先輩の隊員から、ガス銃で狙われたり、パンチパーマにすることを強要

航空自衛隊浜松基地で3等空曹が指導役の隊員から再三にわたる暴言や暴行の上「反省文100枚、でなければ辞表だ」と強要されるパワーハラスメントを受け、うつ病で自殺。

05年11月、クウェートに選抜派遣されていた航空自衛隊の隊員が、幼い子供を残して自宅で首吊り自殺した。(中略)日本で待ち受けていたのは先輩から暴行や陰湿な嫌がらせだったのである。

07年12月14日、横須賀基地の護衛艦「はたかぜ」の電測員だった池田智・海士長(仮名)が横須賀で私鉄に飛び込んで自殺した。03年3月に入隊したこの人も執拗ないじめを受けていた。

自衛隊の内部から湧き出る不満

私は勤続20年の准尉、直属の上官は何の経験もない、私からすれば子供のよ うな防衛大学出身の三尉。

3幕(陸・海・空)共通教育であること。自衛隊と言う組織を大きな視点で理解することが可能。既に身分は防衛省職員

防大を卒業、幹候校、任官以降、トップグループを走れる人はいいでしょうが、年を重ねると防大時の下級生が上司になることも当然ありえる

旧日本軍に蔓延していた「いじめ」

旧日本軍の下級兵などの戦記物を読んでいると、陸軍の場合も海軍の場合も、人間以下の酷い扱いを受けていたということが分かります。

初年兵の頃から、訓練において辛く当たって意地悪をした一等兵や上等兵に対しては、戦地に行ってから、敵との戦闘が始まり敵弾が飛び始めてから、皆で後ろから銃撃して殺害してしまう

入隊したての一年兵が目の当たりにしたのは赤飯かと思いきや高梁や雑穀を混ぜた飯が出され、それが最上のものであったとのこと。更に形の存在しない何かわからない液状のものが食べ物として支給

一年兵らがリンチを恐れるあまりに、自ら上官や古参兵の雑務(炊事や洗濯)を務めるのはよく聞く話。

軍隊内暴力は陰湿さをましていった。海軍では、軍人精神注入棒と称するバットで臀部を強打するという方法がもっとも多かった。

暴力が普通に行われる防衛大学校

防衛大学校(神奈川県横須賀市)2年の男子学生(19)が7日、上級生らから暴行を受けてけがをした上、ストレス障害になったとして、傷害と強要の疑いで8人を横浜地検に告訴した。

校内のカウンセラーに相談したが、男性は「頑張って耐えるようにと指導するだけで、何も動いてくれなかった」と振り返る。

暴行を受けてけがを負った上、裸で腕立て伏せをさせられた写真を無料通信アプリLINEで流されるなどし重度ストレス障害を発症したとしている。

1 2 3