1. まとめトップ

今が売りどき?中古ダイヤモンドの相場が急上昇している

円安やアジア・中東の富裕層からの需要で、中古ダイヤモンドの買取相場が上昇中。バブル期に買ったダイヤは質がよく高く売れるそうです。お盆に帰省した時、タンスの中を探してみては?

更新日: 2014年08月10日

1 お気に入り 19512 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ダイヤモンドの買取価格が上昇しています

女性の憧れ、ダイヤモンドの人気が高まり、中古品の買い取り相場が1年前に比べて3割近く上昇している。国内に加え、世界経済の復調でアジアや中東などの富裕層を中心に需要が旺盛なためだ。

海外で資産運用の対象としてダイヤが人気に

価格高騰の理由について、第一生命経済研究所の永濱氏は、「新興国を中心に資産運用の対象としてダイヤが人気」と話した。バブル期のダイヤは不純物が少なく質が高いものが多いため、新興国などで需要が高まり価格が高騰しているという。

アベノミクスによる円安も価格上昇の一因

75円前後の円高水準から102円前後の円安水準になったことも、国内のダイヤモンド価格を引き上げ、ダイヤモンドの買取価格は5年前の水準からは5割強も値上がりしており、この一年だけでも上掲の0.3ct、0.5ctは3割ほど高くなっています。

バブル期に買った3兆円分のダイヤが眠っている

バブル期に日本で購入されたダイヤは推定で約3兆円。一方で、ダイヤの指輪やネックレスをつける機会はあまり多くなく、気がつけば何年も使っていないジュエリーがたんすの奥で眠っている。そんな日本の埋蔵ダイヤが今、世界のバイヤーから注目されている。

バブル期のダイヤモンドは質がいい

最近では特にアジアの富裕層にダイアモンドは人気があるという。そのおかげで世界的に価格も高騰し、中古ダイアモンドの価格も上昇している。特に日本のバブル期に購入されたダイアモンドは4C(Color,Carat,Cut,Clarity)色や重さなどの要素が揃っていて買い取りでもとても人気が高い。

日本がダイヤの「輸出大国」になるかも…

日本には、バブル時代に買われタンスの肥やしになっているダイヤが3兆円あると言われる。その多くはいまだタンスの中に眠ったままだ。そういった中古ダイヤは日本国内ではなかなか売れないため、海外へと輸出され始めた。その輸出額は年々増え続けている。将来的には輸入額を超え日本が輸出大国となる日もそう遠くない

今年の帰省で、実家のタンスの中を探してみては?

TVの特集を見た人がザワついている…

ダイヤの買取価格上昇中とか!!!!ダイヤ入ってる指輪と時計、海に投げちゃったよちくしょーーーー

やはりダイヤモンドの相場は高騰か・・ いや、持ってないけどさw

ダイヤの買い取り価格が上昇中。「主人の母から貰ったものですが、家のリフォームをしたいので……」と、ご婦人が売りに……心は決まった!私のは息子にじゃなく、娘に!(#`皿´)

今、ダイヤモンドの買い取り価格が従来の1.5倍~2倍になっているそうな。売るなら今か!ダイヤモンド無いけどね!!!

いま、ダイヤの価格が上昇してるんだって。その辺に落ちてないかな?^^

1