1. まとめトップ

スマホをかざすと飛び出す!【2015年はAR元年が来る by すまる】

スマホをかざすと飛び出す!有名キュレーターすまるが2015年はAR元年が来ると大胆予想。

更新日: 2014年08月09日

1 お気に入り 4036 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sumaluさん

ARとは?

拡張技術

人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術。

出典ascii.jp

ARの歴史は1901年に劇作家のライマン・フランク・ボームによって述べられ始まった。映像撮影技師のen:Morton Heiligは1957–62年にかけて「センソラマ」というシミュレータを開発し特許を取得。1975年にはen:Myron Kruegerによって、ユーザーが仮想物体とやりとりできる「ビデオプレイス」というシステムが初めて開発されている。1989年、「仮想現実」(VR) という言葉がen:Jaron Lanierによって作られ、初めての仮想世界で行うビジネスを作り出した。

各社はAR技術を使用したアプリをリリース

チケットに専用アプリをかざすと恐竜が飛び出す。恐竜を使って遊ぶことができる。

カメラのキタムラ

スマホで撮った動画の一部を切り出し、プリント。プリントを専用アプリからスマホにかざすと、元の動画が再生される。

妖怪ウォッチ

『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』のポスターまたはチラシをスマートフォンで読み込むと、映画の予告編を見ることのできるAR動画コンテンツを提供。スマートフォンアプリ「marcs」を使って、簡単に視聴することができる。

初音ミク

専用ARアプリを使って初音ミクのARライブを楽しめる

野菜のコードにかざすと「産地」がわかる

たまごや野菜などに付けられた専用のコード「AR マーカー GnG CyberCode」をアプリのカメラで読み取ると、現実の上に仮想映像が流れ、鶏の育て方といった生産者のこだわりを見たり、レシピや商品の選び方などを見たりできる。

2015年はAR元年

Google glassをはじめとするウェアラブル・デバイスの登場で、街中を歩けばAR広告やエンターテイメントなどの多くの情報を見る事ができる。2015年から本格化すると思われる。

ポケモンや遊戯王などのカードゲームでのAR利用の発展はいちじるしい。おもちゃのおまけや辞典など、子供用コンテンツからARが発達していくように思う。

▼オススメまとめ

1