鎌倉幕府成立以降、政治の実権は武家が握ることとなり、朝廷側の人間である藤原氏の影響力は下がることになりますが、それでも朝廷という存在は重宝され続けました。
本能寺の変では、朝廷の権威をないがしろにする織田信長に対し、朝廷の重んじる家臣の明智光秀が謀反を起こしたとも言われています。
この事件の裏で朝廷側の権力を使い様々な画策をしていたと噂されるのが、近衛前久という藤原氏の最高権力者(藤氏長者)です。

この時期には、大きくなりすぎた藤原氏は分裂し、摂政・関白の地位は、近衛家、九条家、二条家、一条家、鷹司家の五家(五摂家)によって務められていました。
その中で近衛家は最も高い地位にありました。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

日本の歴史の影に藤原氏あり! 日本最高の貴族・藤原氏と日本の歴史

日本最高の貴族とも言われ、天皇に次ぐ地位に居続けた藤原氏。その藤原氏関わった日本の歴史的な事件についてまとめました。

このまとめを見る