天照大神の岩戸隠れとは、古事記や日本初期に出てくる日本神話で、その中でもかなり神秘的な話です。
内容は、素戔嗚尊(スサノオ)という神が乱暴を働き、日本の最高神で太陽の化身である天照大神(アマテラス)が怒って岩穴に引きこもり出てこなくなったというもので、これに困った神々が天照大神が岩穴から出てくるように、ありとあらゆることを行います。

この中で藤原氏の氏神(先祖とされる神様)である天児屋命は、天照大神に祝詞を捧げる(称える言葉を献上する)という役目を果たします。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

日本の歴史の影に藤原氏あり! 日本最高の貴族・藤原氏と日本の歴史

日本最高の貴族とも言われ、天皇に次ぐ地位に居続けた藤原氏。その藤原氏関わった日本の歴史的な事件についてまとめました。

このまとめを見る