明治維新で朝廷(公家)は解体されましたが、藤原氏の名門家は貴族としての地位を与えられ一定の権力を持ち続けていました。
そんな状況の中、太平洋戦争直前に首相に任命されたのが、貴族院の議長だった近衛家の当主・近衛文麿です。
彼はアメリカとの戦争を回避すべき尽力しましたが、それが実行されることはなく、戦争推進派が推す元陸軍大将の東条英機に首相の座を明け渡すこととなります。

戦後、近衛文麿はGHQに逮捕されることを拒否し服毒自殺しました。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

日本の歴史の影に藤原氏あり! 日本最高の貴族・藤原氏と日本の歴史

日本最高の貴族とも言われ、天皇に次ぐ地位に居続けた藤原氏。その藤原氏関わった日本の歴史的な事件についてまとめました。

このまとめを見る