1. まとめトップ

新曲「花魁」でイメージ一新 森昌子 「ファンの期待をいい意味で裏切りたかった」

デビュー。翌年デビューした同学年の山口百恵、桜田淳子とともに「花の中三トリオ」と呼ばれる。

更新日: 2018年06月09日

0 お気に入り 4569 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jiye195623さん

基本情報
出生名森田昌子
出生1958年10月13日
出身地 日本・栃木県宇都宮市
血液型A型
学歴堀越高等学校卒業
ジャンル演歌、歌謡曲
職業演歌歌手、女優
担当楽器歌
活動期間1972年 - 1986年
2006年 -

「花魁」の発売記念ミニライブ&握手会

ジャケット写真やプロモーションビデオでは花魁の衣装を身にまとい、なりきって演じた。森自身のアイデアで、「イメージを一新する」ための粋なメロディーだ。
 花魁とはほど遠いイメージの森だが、3年前から温めてきたアイデアだという。「ファンの期待を、いい意味で裏切りたかったんです。芸の道を究めた気高い女性に対する憧れもありました」

1000人を集めたミニライブで森は、最近は歌詞の決めセリフになっている花魁言葉にハマり「『あ~っ、もうお腹が減ったでありんす』とか言ってるでありんす」と笑顔。4月には花魁作法の体験研修を受けたことを明かし「(花魁の)高下駄で歩くのは3歩が限界。ガリガリガリって(下駄を)傷つけてしまいました」と頭をかいていた。

1971年(昭和46年) 13歳で日本テレビ『スター誕生!』(1971年10月開始)に出場。初代グランドチャンピオンとなる。ホリプロダクション(現ホリプロ)に所属。同番組には、昌子本人ではなく、激しい人見知りを克服してほしい母親が内緒で申し込んだもの。オーディション当日は、「洋服を買ってあげるついでだから」という口実で歌を歌わせた。

1972年(昭和47年)7月1日、徳間音工から『せんせい』で歌手デビュー。翌年デビューした同学年の山口百恵、桜田淳子とともに「花の中三トリオ」と呼ばれる。なお、この中三トリオで最初にNHK紅白歌合戦(第24回)に初出場を果たしたのは森であり、15歳(当時女性最年少)での出場であった(1973年)。

1