1. まとめトップ

良くも悪くもmonacoinの顔、MonacoinFoundationまとめ

http://monacoin.org 2014年8月、コミュニティーで最も有名な団体について

更新日: 2014年09月23日

1 お気に入り 2924 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shogotachiさん

日本発の仮想通貨である Monacoin のサービサーや開発者は、これまで個人での活動がメインでした。より効率的な活動を促し、普及と発展を加速させるため Monacoin Foundation を設立致します。当団体は一般社団法人化に向け制度作りに取り組んでおります。

出典第2回monacoin会議資料

活動目的

Monacoin参加者間の情報伝達を、より円滑に進めることができる環境および場の提供
Monacoin関連サービスの開発支援
Monacoinに関連する情報の収集・発信

主な活動

定期的な勉強会及び交流会の開催
  Monacoin及び関連事項を学ぶための勉強会
  サービス提供者間で情報交換を行える交流会
人材のマッチング
  サービス提供者と技術者のマッチング
Monacoinに関連する情報の収集および発信
  HP上での情報発信
  定期的なメール配信
Monacoin関連サービス開発のための技術支援と指導
  暗号通貨の基礎概念の指導
  Monacoinと既存サービス間の連携に関する技術支援

MonacoinFoundationは現在までにいくつか活動をしており、
表面上は、主に募金と、会議と称した交流会を行っている。

monacoinに関連した会議は2014年8月現在で3回開催されており、
Ustreamで配信も行われている。

第1回Monacoin会議は秋葉原で5月17日に開催された。
公開情報が少なく公式サイトにはいつでも「近日中に公開します。」としか掲載されていない。
会議の存在自体は秘密にして行い、後日情報を公開する予定だったと関野氏のキャスで樋田氏は発言していたが、関野氏のキャスによって前々から存在自体は仄めかされていた。
また、Monacoinコアメンバー会議と称しマスメディアを呼んで行われていた。
会議への参加は、佐藤良太氏の指名制の説もあり、
MFメンバーの他に、池袋サラ、palon、とく、ベルガモット、gikopool、遅刻P、monachなど約20人が参加。打ち上げにはrinrinや小泉瑞樹もみられた。

第2回Monacoin会議は東京で6月28日に行われた。27名参加。
Ustreamで配信されており、報道関係者やクラーケン社員など、参加者も多い。
ただし、登壇者の情報や持ち時間、Ustreamの有無等の事前情報が殆ど無かったり、
誰が主催するのか、それが信頼のおけるものなのか、といったものもよくわからないという状況。
全体的に準備不足であり、それは次回から改善していきたいとのこと。
この会議の後日談での、もなっくす氏の腐れ外道発言はあまりに有名。
また、それに対する関野氏の杜撰な対応も有名。

第3回は「ビットコイン・モナーコイン会議@大阪」という名前であり、7月26日大阪で行われた。
前半は篠原裕幸氏による新規参加者を対象とした「bitcoin」の講演。
後半は樋田氏、篠原氏、ギャリバー氏(もなとれ氏)による座談会だった。
第2回とは異なり、報道関係の人物は来なかった。
また、おそらく新規参加者であろう人々の質問が目立った。

第2回、第3回のどちらも配信の視聴者の評価は低い。
第2回が参加費500円、懇親会費3500円、第3回が参加費1500円、懇親会費 3500円と、
用途不明の懇親会費を含めた参加費が高く、
さらに配信されていない懇親会で何があったかわからないからである。
樋田氏曰く「懇親会でつながりを作るのがメイン」とのこと。
3回目に至っては半分以上bitcoinの会議だった。

また、LibreOfficeや国境なき医師団、広島豪雨災害への募金活動も行った。
こちらはある程度の成果を上げている。

なお、エボラ出血熱を支援先指定としての寄付受付は終了していたので、国境なき医師団の案内に従い、支援先を指定せずに募金を行いました。

メンバー

公開されている情報が少ないため、実際の人数は不明。
今回は公式サイトに記載されている設立メンバーのみ紹介する。
この他に中澤裕太氏が養分として参加しているとの情報も。

五十嵐 晴紀

MonacoinFoundationのデザインを担当しているらしい。
monacoin誕生以前に企業を起こしており、monacoin界隈では企業側の人間と認識されている。

また、強大なハッシュレートを持つマイナーでもある。
第一次mona急騰時、所持monaは約60000mona。

2chではminerの共同購入があってから、専らあくどい商売をしているように囁かれている。
実際にどうかは本人に尋ねよう。

意見がコロコロ変わり、安定しない。
名のある人が意見を出すと手のひらを返してそちら側につく。

第2回monacoin会議の際には、炎上した関野明久氏の火消しを担当した。

批判をする暇があったら活動しろという考えの持ち主であり、
批判的な人物である関野氏や2chを批判している。
また、そのことから関野氏をMonacoinFoundationから追いだそうとしている。

熊谷 孝幸

1 2