1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ラストシーンがモヤモヤのままで終わる映画『Se7en』・・8bit化されゲーム風になった映像が話題に

ブラット・ピット&モーガン・フリーマンがタッグを組み話題を呼んだ名作サイコ・サスペンス映画『Se7en』が8bit化され、スーファミ風になった映像がネットで話題を呼んでいる。衝撃のラストシーンの映像もしっかり再現されている。

更新日: 2014年08月12日

alive1984さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 7139 view
お気に入り追加

・ ブラット・ピット&モーガン・フリーマンが出演している名作サイコ・サスペンス映画『Se7en』が8bit化!?

サイコ・サスペンス映画『Se7en』

ブラッド・ピット&モーガン・フリーマンの刑事コンビが、キリスト教の「七つの大罪」をモチーフにした連続猟奇殺人事件を追うサイコ・サスペンス映画『Se7en』

人気映画を8bit化したシリーズで知られるCineFixですが、今度は「セブン」を8bit化してしまったようです!

画像参照↓

名作映画が8bit化されスーファミ風に

あのシーンもしっかり再現されている

アイテムもしっかり登場する

デヴィッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット主演の映画『セブン(Se7en)』(95年)をファミコンを彷彿とさせる8bitゲームで再現したショート・アニメがYouTubeで話題に。

その映像がこちら↓(これはよく出来てるw

箱の中身が気になるww

8bit化されてしまうとそのおどろおどろしい雰囲気は一変、なんだか可愛らしい作品に仕上がっている気がします…。

あの映画史に残るスッキリしないラストは健在な模様。なんだか往年の推理ゲームを彷彿とさせるようで、もしゲームとして発売されたらちょっとプレイしてみたいかも!

■ サイコ・サスペンス映画『Se7en』とは ■

猟奇殺人を描いた1995年のアメリカ映画。監督はデヴィッド・フィンチャー。

キリスト教の「七つの大罪」をモチーフにした連続猟奇殺人事件と、その事件を追う刑事たちの姿を描いたサイコ・サスペンス

先鋭的な映像センスと、ノイズを活用した音響により、シリアスかつダークな独特の世界観を描いている。

凝りに凝ったオープニングが象徴するように、デヴィッド・フィンチャーのスタイリッシュな画造りと、ブラッド・ピット&モーガン・フリーマンの渋い演技が光る一編。

1





主に海外ニュースを中心にまとめ記事を作成しています。

その他ざっくばらんにまとめ記事を作っていたりと・・臨機応変にやっていますので宜しくお願いします。

このまとめに参加する