1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

mynonさん

「月と地震」のミステリアスな関係─月は地球震動のトリガーとなり、地球は月震動の原動力になる

満月や新月の時の力が最大化し、活断層や地球内部の岩盤にも影響を与え上下伸縮を引き起こすし、特に断層の方向と地球潮汐の方向が一致し力が最大となった時に地震を誘発するものと考えられている。

月が満月か新月である時期の直前後に比較的大きな地震が発生しているという統計データがある。

1854年12月24日  安政南海地震 M8.4 ・    新月前日
1855年11月11日  江戸地震 M6.9・      新月翌日
1905年6月2日    芸予地震 M7.2 ・     新月前日
1946年12月21   日南海地震 M8.0・      新月前々日
1960年5月23日   チリ津波地震 M9.5 ・    新月前々日
1973年6月17日  根室半島沖地震 M7.4・    満月翌日
1983年5月26日   日本海中部地震 M7.7 ・   満月前日
1994年10月4日   北海道東方沖地震 M8.2 ・  新月前日
1995年1月17日   兵庫県南部地震 M7.3 ・   満月
2001年3月24日   平成13年芸予地震 M6.7・  新月前日
2003年9月26日   十勝沖地震 M8.0・      新月
2011年3月11日   東北地方太平洋沖地震M9.0・ 新月6日後
2013年9月20日  福島県沖地震 M5.8     満月当日
2014年11月22日  長野県北部で地震 M6.8    新月

満月や新月の頃に、月と地球と太陽が直線的に並ぶために、引力が最大になって大潮になる。

その引力が地殻を引っ張り、地震の引き金になるとすれば、警戒しなくてはならないのは、大潮になる月齢0の新月や月齢15日前後の満月の頃だ。

月や太陽の引力と地震

月の引力と太陽の引力が重なる、満月や新月の日は、最大で±60㎝の地盤の変動が起きるため、地震の最後の引き金になると考えられます

月や太陽の引力は海水に働き、潮の干満を生じさせます。
同じように、これらの力は地球自身にも働き、地球を1日2回大きく変形させます。この現象は地球潮汐と呼ばれ、変形した地球の内部には数十~数百ヘクトパスカルの力が加わります。

地震・火山と月齢の関係

過去の大地震や火山噴火の多くは、地球潮汐(月が地球内部に及ぼす地殻のひずみ)の振り幅が大きい、満月や新月の前後に起きているようです。

1914年1月12日桜島 大正大噴火満月
1973年2月1日浅間山噴火新月前々日
1986年11月15日伊豆三原山噴火満月前日
1990年11月17日雲仙普賢岳噴火新月
1998年1月14日イタリア エトナ火山噴火満月
2000年8月29日三宅島火砕流発生新月
2004年9月1日浅間山噴火満月翌日

Links

1