1. まとめトップ
  2. 雑学

年間5600万本も捨てられている!?台風後の風物詩「ビニール傘」について

折り畳みなどを除く傘の2010年輸入量は1億162万本。複数の関係者に聞くと、このうちビニール傘が6千万~8千万本を占めるという。そんなビニール傘についてのまとめです。

更新日: 2014年08月12日

yasui-kaitoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
21 お気に入り 30072 view
お気に入り追加

台風が過ぎた後の光景

台風が通過した後に晴れるのは、単純に言うと、そのあとに高気圧が進んで来るからです。

このような天気を「台風一過」といいます。

台風が過ぎた後は各所でビニール傘が放置されます。

放置ビニール傘が街に散乱する

台風や強い風が伴う大雨が降れば、構造が弱いビニール傘は凶器になり相手を傷付け、自分も怪我をする恐れがあります。また、雨がやめば駅や地下鉄の入口には無造作に捨てられてしまいます。ビニール傘は、推定・年間6,000万~8,000万本も輸入されるとのことです。もっと多いと推測する関係者もいますが、ほとんどが中国からの輸入です。

台風11号時のツイートでも

先端恐怖症なのでこの天気で街に放置されたビニ傘が本気で吐きそうなぐらい恐いです。更には治安が良い地域ではないので それが至る所にあるという…。拾って棄てようとしたけど近づくと目がゾワゾワしてダメだった… 本当に壊れた傘の放置やめてください(ノ_・。)

@motayoo @Hirata_Yukaco ほんま困ります。 街路樹の枝葉に隠れた折れた放置傘…いやいや野良傘と台風による突風のお陰で原チャリ運転中の私はバランス崩し、左手をガリガリガリ…。たまたまの長袖に雨ガッパのお陰で手甲だけの軽傷ですみましたが…。ほんまマイッタ!!

風に耐えてたら吹いてきてる前方向に骨剥き出しの傘がこっち向いててあやうく串刺しになるとこだった ていうか傘放置すんのやめろよな

しかし台風が来るとわかっているのに何故、ビニ傘で出かける人が多いのだろうか( ゚д゚)透明で前が見えるから?なのか?好きなら仕方がないけど壊れたのを放置するのはやめろって思う。

@esunesun 放置された傘が飛んできて、目の上あたり怪我したことあります…

すげー雨だ〜(#゚ロ゚#) これだけは言わせて! 壊れた傘を放置していかないで‼︎ ホント危ないから‼︎ 飛んでって誰かに刺さる前に、 自分で責任持って持ち帰りください!

道端に壊れた傘の残骸が落ちてたら台風って感じするけど、飛んできたら怖いからその辺に放置しないでほしいんですけど。

横断歩道にあるマンホールに傘を刺して放置するなよ…

で、帰り道の歩道で壊れたビニール傘が放置されてたんだけど、これ危ないよね。。。 こういうの見つけたら、どこに捨てたらいいんやろ? 今日は会社出てすぐやったから、会社のビルのゴミ捨て場まで持って行ったけど・・・

台風後のビニール傘の処理について

台風の翌日には、“おちょこ状態”になった傘が、路上に多数捨てられているわけだが、ではこれらはいったい誰が片付けているのだろう?

ビニ傘は、通常のゴミ収集とは異なり「臨時的な対応」として、収集・廃棄しているのが現状のようだ。

そもそもビニ傘の残骸は、可燃ごみなのか? それとも不燃ごみか? 台風の翌日が都合よく該当するゴミの収集日なわけでもないはずだし……と、疑問はわくばかりだ。

各市区町村の清掃局に問い合わせてみると、ビニ傘は、通常のゴミ収集とは異なり「臨時的な対応」として、収集・廃棄しているのが現状のようだ。

土日に台風が直撃した際は、外出している人も少なく、傘のゴミも少なくなるという。しかし、平日に台風が直撃すると、通勤・通学などの人が多く、傘のゴミも急増。「これまでで、1日で最大軽トラック1杯分(300kg)の傘のゴミを回収したことがあります」

出典ceron.jp

「実際、打つ手が無いのが現状です……。一般的なモラルの問題なので、区で何かを行うのは難しいですね。壊れた傘を放置してしまう人には、ごみ収集のための行政コストがかかっているということを、マスコミなどを通じて、積極的に訴えていくしかありません」清掃事務所

年間7000万本程度販売されているビニ傘のうち、廃棄される量は年間5600万本あまりにのぼる。手軽に買える分、壊れたら街中に捨ててしまいがちだが、その行為は、清掃局員を困らせるだけでなく、自分自身の税金が消費されているということで、跳ね返ってきてしまうことも自覚したい。

廃棄されたビニール傘は、ビニールと金属部分を手作業で綺麗に分けなければ再生処理も焼却処理ができないことから、自治体でも埋め立て処理場に埋めているとその実情を説明している。

ビニール傘はリサイクルできない?

ある大手コンビニ1社だけでも年間500万本も売れ、多い日は2~3万本も出るようです。問題なのは、捨てられたビニール傘は、リユース・リサイクルされないことなのです。分解に手間が掛かるため、毎年、数千万本がそのまま埋め立て処理されます。

渋谷の街では一雨・数千本が路上や駅前などに捨てられ、区がゴミとして片付けることから、結局、税金が投入されます。

渋谷区では、ビニール傘の再利用を目的とした無料貸し出しサービスを行っている

シブカサとは、まだまだ使えるのに処分されてしまうビニール傘をちょっとオシャレにデザインして、渋谷のシェアリング傘として無料で貸し出すサービスです。

1 2





yasui-kaitoさん

ジャンル関係なく、気になることをまとめにしていこうとおもいます。

このまとめに参加する