第一次バチカンのユーロ硬貨は、ヨハネ・パウロ2世の肖像画が描かれている。

発行枚数が少ないことから、収集家等の間では高額で取引されるケースが多いのが特徴である。例えば、発行数の最も少なかった2002年のプルーフセット(9000セット)の市場相場は、2007年現在1450ドルにものぼっている。[1]

出典バチカンのユーロ硬貨 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ユーロ通貨について

皆さんもユーロというお金が存在していることはご存知だと思います。しかしユーロ通貨を実際に見た人はあまり多くないのではないでしょうか。そこで今回はユーロ加盟国のユーロ通貨がどういうものかを簡単に紹介したいと思います。

このまとめを見る